2015年夏の甲子園予選優勝予想!京都府大会!龍谷大平安がぜん有利?

 

今回は、1000年の都・京都府の夏の甲子園予選の優勝候補を予想したいと思います(^^)

 

京都府は、この春の選抜には龍谷大平安と立命館宇治の2校が出場!

京都府のレベルの高さは、想像に難しくありませんよね?

 

でも、逆に考えると、レベルが高いが故にどこが勝ってもおかしくないとも言え、予想しにくいです(汗)

今回は、県大会の戦績や戦力を加味してズバリ予想してみたいと思います!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選優勝予想!

本命

 

龍谷大平安

 

京都府の優勝候補筆頭は、止まらない名門・龍谷大平安です!

 

龍谷大平安は、連勝が止まりません!昨年から現在26連勝中なんです。

もちろん、昨年の夏の大会から秋の県大会、春の県大会と連覇中!

絶対王者として4季連続出場への期待が高まらないわけがありません。

 

もちろん戦力も充実していますからね。

 

投手陣は、エースが甲子園でもお馴染みの高橋奎二投手!独特でダイナミックなフォームは一度見たら忘れられません!

選抜では、初戦敗退という結果でしたが、最高峰の甲子園の舞台で延長11回を投げ2失点とその実力は高校トップクラスは間違いなし。

ドラフトでも注目です。

 

そして、龍谷大平安は春の戦いでは、このエースを極力温存する策をとり、後進の投手に経験を積ませ、投手力の拡充をはかりました。

左腕・元氏をはじめとして、2年生右腕の大野と、左腕・市岡のコンビも春に公式戦の登板機会に恵まれ、しっかりと経験を積めているのは好材料です。

 

打線も言わずもがなの強力打線。

春の府大会では、34得点をあげています!

 

特に、4番の西川が9安打6打点と好調なのが心強いです(^^)

足元をしっかりと固めて、王者の野球をすれば、自然と甲子園が近づいてくるはず!

 

【春の選抜ハイライト!龍谷大平安vs浦和学院の激闘!】



 

対抗1

 

福知山成美

 

王者、龍谷大平安を追う一番手は福知山成美です。

春の県大会ではベスト4入りを果たし、昨年の秋より次第に実力をつけています。

 

エース大村は、2014年の選抜の経験者。緩急をつけた投球で、凡打野山を築来ます。

また、龍谷大平安戦で健闘を見せた2番手・川上は120キロ台の直球でも芯を食わせない技巧派です!

 

打線の持ち味は、集中打!

選抜経験者の4番酉本、主将の近藤らの打棒の奮起に期待です!

 

対抗2

 

立命館宇治

 

対抗校の2校目は、2015年の春の選抜にも出場した立命館宇治です!

今年の春もベスト4進出と、いつでも甲子園を狙える位置にいる怖い存在。

 

立命館宇治の攻撃は、”つなぐ野球”で気が付くと点を積み重ねているというスタイル。

切れ目のない打線は春も健在です。

 

投手は、絶対的エースに左腕・山下が君臨。

昨年の秋、選抜、春と1人で投げ抜いてきています。

 

夏のマウンドでのスタミナなどの課題点を指揮官はどう戦略を立ててくるのか楽しみです。

 

出場校決定!

 

鳥羽高校
  • 府立 15年ぶり6度目
京都府を制したのは、古豪鳥羽高校です。

高校野球ファンの方なら鳥肌モノかもしれません。

 

鳥羽高校の前身は京都二中。

実は、この京都二中は第一回甲子園の優勝校なんです!!

 

第一回甲子園優勝校が、100年の節目に甲子園の土を踏む・・・

う~ん!高校野球はなんてドラマティック何でしょうか!!

 

もう、優勝するしかない?!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ