2015年夏の甲子園予選優勝予想!兵庫大会はバランス勝負!?

 

今回は、第97回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の兵庫県予選の優勝校を予想したいと思います。

兵庫県は、あなたもご存知かもしれませんが、強豪校揃いですよね?

 

  • 報徳学園
  • 神戸国際大付属
  • 東洋大姫路
  • 関西学院
 

ちょっと思い出しただけでもこれだけの高校が、「甲子園で聞いたことがある」と思い出すことが出来ます。

 

因みに、甲子園球場は兵庫県西宮市にあります。いわば甲子園のお膝元とも言えますね。

 

でも、その分甲子園が近くて遠いと最も感じる県かもしれません。

いつも見れる甲子園。でも、そこでプレーする事は簡単ではない・・・

 

今年の甲子園でプレーできる兵庫の高校はどこでしょうか!!

それでは、本題に入りたいと思います!

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園優勝予想!

本命

 

神戸国際大付属

 

兵庫の優勝候補の大本命は、目下3季連続優勝中の神戸国際大付属高校です!

昨年の夏以来、県大会では負けなしの21連勝中!夏の甲子園2年連続の出場をかけて大会に挑みます。

神戸国際大付属は、投打のバランスがよく春は、近畿大会でも優勝しており、乗りに乗っています。

 

まず投手陣ですが、これまではエース右腕・塩田が絶対的な存在でした。

でもそれは、裏を返せば後続の投手陣に不安があったということでもあります。

 

しかし、この春には2番手以降の投手が急成長を見せ、投手陣の充実が図られました。

 

中でも注目は、2年生左腕・東郷。

ストレートの最速は140キロ台!春準決勝では、強豪・関西学院を相手に、延長10回までを完封!

スタミナ、精神力共に大きく成長したと言えます。

 

夏の過酷な登板を2人以上の投手で先発できるのは、かなり有利ですよね!

そして、打線は兵庫県内ではトップクラスの折り紙つきの強力打線!

 

甲子園経験者も多くおり、経験値は高いです。

昨年の夏から甲子園を経験している、竹村や植村らを中心に機動力も活かし様々なバリエーションから得点可能です!

 

 

対抗1

 

関西学院

 

神戸国際大付属を追うのは、春ベスト4の関西学院です。

 

関西学院は、春の県大会準決勝では優勝校である神戸国際大付属を10回延長まで追いついた怖い存在です。

結果としては、0−1と惜敗でしたが、強打の神戸国際大付属を最小失点に抑える投手陣は魅力です!

 

関西学院の投打の要は、4番でエースの谷川選手!

130キロ台の直球をが主体でありながら、神戸国際大付属を1点んに抑えた投球技術は見ものです。

 

春は、打撃力に泣いたが、夏に雪辱を晴らすことはできるか期待です!!

 

対抗2

 

報徳学園

 

そして、こちらも要注意なのが、名門・報徳学園です。

報徳学園は、秋・春と神戸国際大付属に直接土をつけられているだけに、夏のリベンジにどこよりも燃えているはずです!

 

報徳学園は投手陣が安定。

左腕の主島、右腕の中本らはいずれも2年生ながら、”失点の計算ができる”安定した投球を春も見せています。

 

打線が奮起さえすれば、2010年以来5年ぶりの聖地が近づくはず!

 

ダークホース

 

杜(やしろ)

 

そして、夏の県大会を面白くしそうなチームが杜高校です!

昨年の秋の県大会では初戦敗退でしたが、この春の県大会では、準優勝と優勝候補の一角に急上昇!

 

左腕の田中を中心に、チーム野球で常連校に噛み付きそうです(^^)

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ