2015年夏の甲子園予選優勝予想 広島大会!古豪の復活なるか??

 

今回は、広島県の夏の甲子園予選について、優勝校を予想したいと思います!

 

広島県は、近年は広陵や如水館が強いですよね?

さらに他の高校も間に入って、毎年代わる代わる代表校が決定しています。

 

それだけ、伏兵がいるということが言えますよね(^^)

古豪の広島商業などにも注目したいですし、ぜひとも公立校に頑張って欲しいです。

 

高校野球は、やっぱり”どこが勝つか分からない”方が面白いのではないでしょうか?

広島県予選は、手に汗握る戦いを沢山見る事ができるかもしれません。

 

今回は、特に有力視されている高校に注目して、優勝候補を探して見ました!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選優勝予想!

本命

 

広陵

 

広島県の優勝候補本命は、やはり広陵です!

 

今チームになってからの戦績は、秋の県大会でベスト4(3位)、春は優勝!

順調に、チーム力が上がってきています(^^)

 

広陵の打線の中軸には、昨年の夏の甲子園を経験しているスラッガー・喜多が3番に座り、それを1番・工、4番・前本、5番植本の好打者が固めて、攻撃力はとても高くなっています!

また、機動力も活かした攻撃ができるので、一気に試合を決めてしまう力を持っている怖い打線です!!

 

投手陣は、エース候補がひしめきあうレベルの高い布陣。

春の最多失点が、わずかに2という高い防御率がそれを物語ります。

右投手では、福田、肥後、柏野らが、左投手では松井・平本と誰がエースになってもおかしくない競争の中で戦ってきている投手陣に期待が高まります!

 

夏に”1”を背をうのは誰か??

そして、夏連覇に導くことができるか??

 

対抗1

 

広島新庄

 

強敵・広陵を撃墜すべく狙いを定めるのは、昨年秋の優勝校・広島新庄です。

広島新庄の最大の強みは投手力。「県下最強」との呼び声も高い4投手が控えています。

 

右腕の大深・左腕のは、いずれも140キロの直球を中心として速球を中心に打者に立ち向かう速球派!

一方、右の関藤、左の佐々木は制球力に長け、どちらのタイプの投手も監督からの信頼が厚く、頼りになります。

 

また、打線は、強肩で守備の要でもあるキャッチャー・遠目塚が打線も引っ張ります。

遠目塚、定永、加藤、岩本らのバッターに注目です。

 

チームバッティングと機動力を使い、初の夏制覇を狙います!!

 

対抗2

 

如水館

 

そして、やっぱり怖い存在は、夏に強い如水館です!

如水館は過去20年で、夏優勝が6回。決勝進出までを含めると、9回と、約2年に一度は甲子園をかけて決勝を戦っているという猛者です!

 

今年の春は、県ベスト8にとどまっていますが、夏の如水館をノーマークにすることは出来ません!

 

ベテランの迫田監督の采配する、堀田、水戸川、岡本ら3投手を巧みな継投策には苦しむチームが多いはず。

打線の中心には、一年から中軸を打つ持田、に加え、前島、枝広など昨年の夏の戦いを経験した選手が残っているのも怖いところです。

 

夏将軍が広陵の連覇を阻むことができるのか??

 

出場校決定!

 

広島新庄

 

広島大会を制したのは、当記事では対抗に推していた広島新庄です!

茨城県の霞ヶ浦高校と同じく、3度目の決勝進出で手にした栄冠です(^^)

広島県でもトップクラスの4投手の層の厚さが有利に働いたか??

 

初の夏の甲子園、どのような戦いぶりを見せてくれるのか楽しみです!

 

>>2015夏の甲子園関連記事一覧はこちら<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ