2015年夏の甲子園予選優勝予想 岡山大会!公立校の優勝なるか?

 

今回は、岡山県の2015年夏の甲子園予選の優勝校を予想したいと思います。

 

岡山県は、選抜出場の岡山理大付がリードかとおもいきや、以外に混戦模様になっています。

特に、創志学園や興譲館と言った私学が甲子園初出場に燃えています。

 

一方で、私立校の強豪がひしめく中に、公立の雄として倉敷商業が絡む展開にもなりそう!

 

今回は、そういった有力校4校から優勝に一番近いチームはどこかについてズバリ予想です(^^)

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選 優勝予想

本命

 

創志学園

 

岡山県大会の夏の本命は、悲願の甲子園初出場に向けて勢いに乗る、創志学園です。

創志学園は、昨年の秋は岡山県大会で準優勝。今年の春の県大会では、ベスト4でしたが、続く中国地区大会では決勝まで進み堂々の準優勝。

これまでも、いくども甲子園が期待されつつも念願が叶いませんでしたが、”今年はいよいよか?”と期待せずに入られない戦力が揃っています。

 

投手陣は2年生エース、高田に注目!

現在、直球の最高速は、冬のトレーニングが実を結び150キロに到達!

制球面、精神面も飛躍的にレベルアップし、一躍大注目の投手に踊り出ています。

 

また、守備力も非常に高いチームで、春は4試合で失策がわずか1。

特にセンターラインの守備力はピカイチです。

 

攻撃面は、戸村を中心とした中軸の爆発に期待です!

 

【絶対注目!創志学園・高田!】


対抗1

 

岡山理大付

 

そして、春夏連続出場を目指す岡山理大付も要注目!

エース右腕西山が選抜前に、不幸にも左アキレス腱を痛めるアクシデントに見まわれ、春は戦線離脱を余儀なくされていました。

 

ですが、そんななかでもベスト8まで勝ち上がる総合力は本物です。

 

エース西山の復活が夏に完全復活出来れば、勝機は格段に上がリます。

といっても、他の投手陣の成長がないわけではありません。

技巧派右腕・大熊が2013年甲子園出場の玉野光南を1失点完投する実績を春に残していますし、また、投打二刀流のサード・徳田はプロ注目!

後続の投手陣の台頭は、岡山理大付にとっては好材料です!

エースを温存しつつ、勝ち上がるだけの投手力は既にあると言えます。

 

打線も、2年生スラッガー・立花を筆頭に強力な中軸が揃っており、攻撃力には定評があります。

 

対抗2

 

倉敷商業

 

続いての、有力校は、公立校のトップ倉敷商業です。

昨年秋の県大会ベスト8から、今年の春は優勝と夏に向けて着実にレベルアップしてきています。

 

エース右腕の武並の武器はシンカー。

「打者の手元で球が動く」と評され、打者のタイミングを巧みに外して打ち取ります。

また、右サイドの田辺、左腕・東谷も安定しており、投手陣は万全です。

 

そして、打撃陣も絶好調!

春の4試合では、合計34得点を叩き出す大爆発を見せています。

2番・片岡、3番・藤井、5番・須増の3選手が打率5割を超えており、4番の塩見は9打点!

 

当たりに当たった春の好調を維持したまま夏に突入できれば、どこにも倉敷商を止められない??

 

ダークホース

 

興譲館

 

そして最後は、優勝候補に急浮上の興譲館です。

興譲館は春の県大会でベスト4にとどまったものの、続く中国大会で決勝に進出!

同じく岡山県の創志学園と同県対決の末、見事優勝をしています!

 

投手陣は、広島の強豪・広陵を相手に一失点完投の三宅、昨年からエース級の経験を積んでいる小畠という質の高い2枚看板が揃っています。

 

打線も、田中、中村が左右のスラッガーとして中軸に座り、春は5試合で27得点とその破壊力を見せつけています!

 

もしかしたら、かなり優勝に近づいているチームとも言えます。

甲子園常連校の経験値に、勢いで勝ることができるかが楽しみ!

 

出場校決定!

 

岡山学芸館

 

岡山を制したのは、ノーシードから勝ち上がった岡山学芸館高校です!

高校野球ってこういうドラマがあるから素晴らしいですよね!

 

決勝でも、後半に驚異的な粘りを見せて逆転勝ち!魅せてくれるチームです(^^)

甲子園でも、劇的展開を見せてくれることに期待したいですね!
>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ