2015年夏の甲子園予選優勝予想 徳島大会!鳴門の4年連続は厳しい?

 

夏の甲子園予選を占う!

 

今回は、2015年の夏の甲子園徳島予選を予想します(^^)!

今年の徳島は、大混戦と言われていますが果たしてどうなのか?

 

現状としては、4年連続甲子園出場を狙う鳴門、徳島商業、鳴門渦潮などが覇権を争う群雄割拠の様相です。

どこが勝ってもおかしくない、高校野球ファンにとっては、楽しみな状況!

 

果たしてどこが有利なのか今回はまとめてみましたので、観戦の参考にしてみては(^^)?

徳島大会の開幕は7月11日です。

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園優勝予想

本命

 

鳴門

 

優勝候補の本命は、ズバリ!4年連続の夏の甲子園を狙う鳴門高校です。

鳴門高校のチーム力は、夏に向けて上向き模様!

 

投手陣は、エースの左腕・河野は5月に入ってからの練習試合では、防御率が0点台と夏に向けて調整は万全か?

また、MAX139キロの本格右腕・中山、右サイドスローの尾崎、そして左腕の矢竹も台頭してきており、投手陣の層の厚みが春以降グッと増してきています。

 

打撃面は、4番の手束が昨年の秋以降の打率が.500以上と好調を維持しており、このまま夏に突入したい所!

伝統の「渦潮打線」の威力が発揮されれば4連覇が見えてくる!

 

【4年連続を目指す、鳴門高校の意気込み!】



 

対抗1

 

徳島商業

 

鳴門の4連覇を阻止する刺客の筆頭は、徳島商業!

10年ぶりに春の徳島県大会を制して勢いが増しています(^^)

 

今年の徳島商業は、エース育田と、キャッチャーの河村のバッテリーが投打にわたって活躍しています。

育田投手はオーバースローからスリークオーターにフォーム改造を行ったことで制球力が増し、春の優勝に貢献!

 

打線も、春季大会準決勝で、こちらも優勝候補の一角である鳴門渦潮を相手に、15安打と大爆発を起こし見事に打ち勝った破壊力を持っています。

 

エース育田の調子次第で、十分優勝が狙えます!

 

対抗2

 

鳴門渦潮

 

続いての対抗高は、鳴門渦潮です。

春は、ベスト4にとどまっていますが、相手は優勝校の徳島商業。優勝校を相手に3−4と惜敗しているだけに、期待値は高いです。

 

鳴門渦潮は、投手陣が夏までに完全に揃ってくる予定。

エースの右腕・中野、2番手吉田で春は戦っていましたが、ここに、昨年の秋に右肘を手術した近藤が復帰してくれば投手陣の体勢は万全!

 

昨年の決勝は1点差で涙を飲んでいるだけに、今年の夏に雪辱を誓う!!

 

ダークホース

生光学園

最後に、台風の目になりそうなのが生光学園!

昨年の秋の大会ではベスト8。今年の春はベスト4と徐々に力をつけてきている怖い存在。

春には、鳴門を相手に8−5と競り勝っており、勝利へ導いたエース・久堀の投球に要注目です!
>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ