2015年夏の甲子園予選優勝予想 高知県大会!明徳義塾は6年連続か?

 

今回は、高知県の2015年の夏の甲子園予選の優勝校を予想したいと思います。

 

今年の高知県は、春までの戦いぶりを見ていると、4強の争いの様相を呈しています。

現在、高知県は5年連続で明徳義塾が連続出場中ですが、春の県大会も接戦が多く、一筋縄ではいかない感じです(^_^;)

 

「甲子園には魔物が住んでいる」

 

とよく言われますが、魔物は予選にも潜んでいます!

今年の高知県大会はどうなるのか?予想してみました(^^)!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園優勝予想

本命

 

明徳義塾

 

優勝候補の本命は、”6年連続”への期待を込めて明徳義塾です!

 

春の明徳義塾は、戦力が十分に揃わない状態での戦いでした。

四国大会では、香川の英明高校に3−9で敗北したのも、その影響が少なからず響いています。

 

エース国光の右肘の疲労骨折による戦線離脱がありました。

 

夏に、エースが復調すれば、四国大会で力投した飛田、春の県大会準決勝で、強豪の高知を完封した変化球のキレの良い中野と3人の投手が揃い踏み。

 

投手陣は万全の体制になります。

打線も、中軸に座る古川、西浦など長打力のある打線になっており、投手陣の準備が整えば投打ともに充実します。

 

対抗1

 

高知中央

 

対抗校の一番手は、春の県大会優勝校の高知中央です。

四国大会では、愛媛の新田に惜敗しましたが、堂々のベスト4。明徳義塾の脅威となることは間違いありません!

 

投手陣は、制球力の良い金城、直球が140キロを超える速球派の日隈の2人が中心となっているが、そこにさらに、球速が140キロを超え、課題だった安定感が出てきた楠瀬が加わり、より厚みが増しています。

 

打撃も強打!

新人戦以来の打撃力には定評があり、中軸に座る3番・上山、逆方向への本塁打を放つ力を持つ4番・麻生の打撃センスには目を見はるものがあります!

 

夏へ向けて万全の体勢となったか?

 

【明徳に打ち勝った!激戦の春の高知大会決勝!】


対抗2

 

高知

 

対抗の2番手は、高知高校です。

昨年秋の県大会では準優勝、今年の春はベスト4と好成績を残しています。

 

高知は投手力の成長が著しく、要注目です。

 

エースの左腕・鶴井はマウンド度胸がつき、ピンチの場面でも、直球とカーブ・スライダー・カットボールと多彩な変化球を丁寧に低めに集めることが出来るようになり安定感がアップ。

速球派の内原、上田もそれに続く成長ぶりを見せ、投手陣への期待は高まります。

 

課題は、打線。

春の明徳義塾戦では、中軸に安打が生まれず苦しい展開の末敗北。

打線の強化がどこまで図られるかが、高知の躍進の鍵になりそう。

 

ダークホース

 

高知南

 

そして、春ベスト4入りを果たしている高知南にも要注意!

高知南のエース・桑原は、強豪校からもマークされている好投手。

本格派右腕として、夏の高知大会を面白くしそうです!
>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ