2015年夏の甲子園予選!宮崎大会優勝予想!延岡学園はやっぱり強い?

 

九州は、混戦・激戦が多くなっていますが、宮崎県も例外ではありません!

 

ということで、今回は2015年夏の甲子園予選の宮崎県大会の優勝校を予想したいと思います。

 

今年の選抜には、宮崎勢の出場は残念ながらありませんでしたが、宮崎県の戦いもハイレベルです!!

 

今年の宮崎大会は7月11日に開幕します!

要チェックです!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選宮崎大会優勝予想

本命

 

日南学園

 

激戦の宮崎県の優勝候補の本命は、春の優勝校日南学園!

2年連続夏の甲子園出場を目指し、着実に勢いづいてきています!

 

日南学園は、投手層の厚みが強み。

和間・森山のダブル左腕に、右の本格派・鵜峠の3枚の投手で春を制しています。

身体は、そこまで大きくありませんが、ピッチングは大物です(^^)

 

日南学園は守りからリズムを作る、粘り強い野球をします。

 

3人の投手が試合を作り、高出塁率の切り込み隊長・山本から相手の守を崩しにかかります!

宮崎県は、1964年以降、2年連続夏の甲子園出場校がないだけに期待も高まります!

 

甲子園

 

対抗1

 

延岡学園

 

対抗の筆頭校は、秋の大会に優勝し、その後の九州大会ではベスト8に進出した延岡学園です。

 

投手陣は中学時代に”軟式”で最速144キロをマークした”怪物”、1年生の藤谷が新たに加わり投手力がアップ。

攻撃面では、2013年夏の甲子園で準優勝を飾った際のベンチ入りメンバーだった、岡田選手や野崎選手が打線の主軸に座り、戦力も充実しています。

 

春の県大会には3回戦で敗退してしまっていますが、5月に行った招待試合では、神奈川の強豪・東海大相模に競り勝っており、その地力は怖いものがあります!

 

夏の甲子園は射程圏内と言えます。

 

対抗2

 

宮崎学園

 

続いての対抗は、宮崎学園。

 

宮崎学園のエースは、プロも注目の右腕・横山。最速は、147キロを記録しています!

また、女房役のキャッチャーで4番の大野も攻守に渡って活躍。

 

春の大会の延岡学園戦では、13奪三振を奪った横山を好リードして見せました。

バッテリーの能力は高いので、後は打線がいかにエースを援護できるかに注目!

 

秋の優勝校を破った自信を胸に、初の甲子園出場を狙います。

 

ダークホース

 

聖ウルスラ学院

 

そして、最後は聖ウルスラ学院です。

 

聖ウルスラ学院は、昨年の秋は延岡学園に惜敗し準優勝、今年の春の大会ではベスト4と、不気味な存在です。

投手力、打線ともに派手さはありませんが、堅実な野球で勝利をもぎ取っていきます。

 

3月には、選抜に出場した九産大九州と練習試合を行い、勝利。潜在能力のとても高いチームと言えます。

 

夏の大会の台風の目になることに期待です(^^)!

 
>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ