2015年夏の甲子園予選優勝予想!熊本大会は九州学院苦戦か?

 

今回は、夏の甲子園予選の熊本県大会の優勝予想をしたいと思います。

 

春の選抜には九州学院が出場しました!

ですが、春季大会では、新たに有望校が浮上してきています!

 

九州学院の春夏出場も困難を極める事は必死です!!

夏の過酷な予選を勝ち上がるには、なんといっても投手力がキモ。

今回は投手力なども踏まえて、優勝予想をしたいと思います(^^)

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園熊本予選 優勝予想!

本命

 

九州学院

 

激戦とは言え、やはり本命は、センバツ出場の九州学院です(^^)!

選抜までは、エース右腕・伊勢の調子次第という部分がありました。

昨年の秋は、熊本大会から明治神宮大会まで1人で投げきるという、大車輪ぶりの活躍でしたが、逆にそこが怖いところでもありした。

 

選抜では、エースの不調で一回戦敗退という悔しい思いをしており、エースにつぐ2番手投手の育成が急務でした。

そこに、この春に有力な新一年生・藤嶽が加入!評判にたがわぬ実力で、エースにつぐ二番手投手として成長しています(^^)

夏は、エースを助けより有利な試合をできるのでは?

 

また、打線は元々全国レベルです。

こちらも、1年生に注目。左打者村上選手は一年生ながら、九州学院の3番に座ります!

以前からの中軸を打つ、松下・友田もそれに続き、選抜時よりも攻撃力がアップしたと前評判も高くなっています。

 

一年生の活躍で、春夏連続を勝ち取るか??

 

【九州学院の大黒柱 伊勢投手!】



 

対抗1

 

東海大星翔

 

九州学院を追う対抗の筆頭は、春準優勝の東海大星翔です!

東海大星翔は、先発が2本柱で安定感があります。

 

昨年からのエース右腕・江口は、微妙に変化する140キロ台に迫るボールが武器。

それに続く、左腕村上は、身長が何と194センチ!MAX147キロの高低差のある直球で打者を攻め立てます!

 

打撃陣も、4番には高校通算本塁打数が30本を超える峰松が座り、春の県大会でも2本塁打と好調!

投打が上手く噛み合えば、甲子園出場の可能性もぐんと上がります!!

 

対抗2

 

秀岳館

 

そして、最後は秀岳館。

昨年の秋はベスト4。今年の春はベスト8と自力のあるチームです。

熊本県の選抜チームで争われるNHK旗大会では、攻撃の要・永水の3試合連続ホームランなどがあり、見事準優勝!

 

要注意なチームです。

 

攻撃力が高いのはもちろんですが、投手陣も充実しています。

2年生投手有村はMAX140キロ、同じく2年生の堀江もMAXが143キロを記録し投手陣の中心となります。

そこに、更に楠本、中井、西村と左右の投手が控えます。

 

2年多いチームですが、その実力は十分優勝候補です!

 

ダークホース

 

熊本国府

 

ダークホースにするにはもったいない?それが、春の優勝校・熊本国府です。

熊本国府も投手力は高く、切れのあるストレートが武器のエース左腕・冨田と、右腕の西村もMAX140キロと侮れない!

 

春は、投打に渡って中心となり活躍しました!

夏にも期待が高まっています。

 

出場校決定!

 

九州学院
  • 私立 5年ぶり8度目
熊本を制したのは、やはり本命の九州学院でした!これで、春夏連続出場です!

投打にわたって、一年生選手に注目です。

 

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ