2015年夏の甲子園予選 優勝予想鹿児島大会!名門の覇権争い!

 

今回は、鹿児島県の夏の甲子園予選の優勝予想をしたいと思います!

 

鹿児島県は、全国にもその名が知れ渡る名門校が数多くあります(^^)

ちょっと調べてみれば・・・

 

  • 鹿児島実業
  • 樟南
  • 神村学園
 

と、高校野球ファンでなくても一度は名前を聞いたことのある学校がひとつはあるのではないでしょうか?

一時は、樟南が5年連続出場など独走期もありましたが、近年は混戦模様になっています。

ということで、さっそく行ってみましょう!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選鹿児島大会優勝予想!

本命

 

神村学園

 

混戦模様の鹿児島県で、夏の大会で一歩リードしそうなのは、春の選抜にも出場した神村学園!

実力・経験値の両方を加味すると、一番では??

 

春の県大会は、ベスト8以上に食い込む事はできませんでしたが、選抜後にチームの体勢の改造に着手!

4番山本選手のコンバートや、選抜ベンチ外の選手の起用など、チーム力の強化を図っています。

 

春の県大会後に開催された公式戦・鹿児島県の選抜校同士で戦うNHK旗大会では見事に優勝しており、手応えを掴んでいます。

 

選抜後に生まれ変わった神村学園に期待も高まっています。

 

元々選手層は厚く、投手陣は、サイドスローのエース右腕・北庄司はMAX138キロの直球と多彩な変化球を操り、それに続く、新里はMAX144キロ、更には、2年生投手の内田もMAX140キロと好投手が3枚!

誰でも先発可能という頼もしい存在です!

 

また、打撃陣はプロも注目している山本を中心とし、その破壊力は抜群です!

 

【選抜 山本選手の弾丸ライナー本塁打】



 

対抗1

 

れいめい

 

神村学園を脅かすのは、春の大会で20年ぶりの優勝をはたした”れいめい”です!

 

れいめいは投手陣も揃い、打撃も好調。

投手陣は、名門樟南を相手に、1失点完投の安定感のあるエース杉安に加え、2番手投手河北も、準決勝では2失点完投と安定した実力を発揮しています!

 

打線も、春に県大会で4本塁打を放っている怖い1番打者・火ノ浦選手の引き続きの活躍に期待がかかります。

また、故障中の4番・太田の復帰で中軸の破壊力が増せば、甲子園出場もグッと近づくはず!

 

対抗2

 

鹿児島実業

 

つづいては、こちらも名門中の名門!鹿児島実業です!

 

秋・春ともに、ベスト8にとどまっていますが、そのポテンシャルは不気味な存在です。

照準は最初から夏に定められているのかもしれません(^_^;)

 

投手陣は、橋本投手がMAX145キロに達したということもあり、スライダーが武器の有村投手と合わせて、2枚看板のパワーアップが図られています!

 

また、打線の破壊力は、優勝候補筆頭の神村学園に優るとも劣らない物があります。

打線の主軸には、4番の2年生・綿屋に加え、巨漢の1年製スラッガー・枦山(はぜやま)が加わり、更に攻撃力がスケールアップ!

 

投打が上手く噛み合えば、甲子園出場もぐっと近づいてきます!

 

ダークホース

 

樟南

 

最後のダークホースは樟南です!

 

樟南は、春の大会準優勝、その後NHK旗でも準優勝と、あと一歩のところまで来ています!

堅守とバントを絡めた手堅い野球で、淡々と試合を作っていきます。

足の速い選手も多く、機動力は怖いものがあります。

 

投手陣は、2年生左腕コンビに注目!

大きく曲がるカーブが持ち味で制球力も高い畠中と、直球140キロで変化球も鋭い浜屋は腕のふりが変わらず打ちにくい!

どちらも、まだまだ成長中!夏の登板に期待です!

 

出場校決定!

 

鹿児島実業
  • 私立 5年ぶり18度目
有力視されていた神村学園が沈む中、鹿児島を制したのは、名門・鹿児島実業です。

今年、学校創立100周年を迎える鹿児島実業。

甲子園100年の年に、全国制覇なるか!?

 

 

 >>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ