2015年夏の甲子園予選優勝予想!福島大会は本命独走か?

 

今回は、2015年夏の甲子園予選福島大会の優勝校予想をしたいと思います。

 

現在の福島県は、ちょっと本命校の独走傾向が強いんです(汗)

その本命校はただいま、夏の福島県大会を8連覇中なんですね(^_^;)

 

過去に8連覇をしている高校は、和歌山県のお馴染み智弁和歌山くらいで、9連覇となると、それは当然ながら快挙です!!

 

でも、そうは問屋が卸さないというのも高校野球の魅力ですから、ちょっと波乱にも期待感が増すというものです(^^)

それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選 福島大会優勝予想!

本命

 

聖光学院

 

この夏の大本命は、やっぱり夏の福島9連覇をめざす聖光学院です!!

「ちょっと強すぎるんじゃないの?」っていうくらい、投打ともに戦力が福島県では安定感があります(汗)

 

強豪校に戦力が集まるのは、分かるんですけどここまで勝ち続けられるのって凄いですよね・・・

 

まず、投手陣ですが、エースは昨年の夏も経験している今泉や、安定感があり直球もMAX139キロと切れている森久保が中心。

その後に控える投手も、5回参考記録ながら、ノーヒットノーランを達成している2年生左腕・鈴木と充実しています。

それをリードするのは、昨年の夏も甲子園でマスクをかぶった佐藤と、誰が出てきても手強いバッテリーと言えます。

 

そして、打撃陣も県大会では、打率・473をマークした村崎を切り込み隊長に据え、中軸には、浅見、西山、鎌倉と長打力のある選手が並び、ここ数年では最強との呼び声も高い打線になっています。

 

9年連続甲子園出場となれば、戦後最多の快挙となりますが、決して難しいことではなさそうです!!

 

【聖光学院 鈴木投手のノーヒットノーランピッチング!】



 

対抗①

 

いわき光洋

 

対抗の一番手、いわき光洋は最近グングンと力をつけてきているチームです。

昨年の夏はベスト4まで進出。今年の春は、王者聖光学院を相手に0−3と惜敗するも堂々の準優勝。十分甲子園を狙える所まで来ています!

 

投手陣は、エース水谷、右腕・加藤、左腕佐藤の3人体勢。

エース水谷は、緩急をうまく使ったピッチングが売りの技巧派投手、加藤は右サイドスローが特徴。

そして、左腕・佐藤は切れのある直球が武器と、三者三様のタイプの異なる投手陣は、相手チームには厄介!

 

打線も強力で、春のチーム打率は.367で春の準優勝の大きな要因!

粘り強くチャンスを確実にものにするという、いわき光洋らしい攻撃が出来れば、甲子園初出場の快挙もすぐそこです!

 

対抗②

 

日大東北

 

対抗の2校目は昨年の秋の優勝校、日大東北です。

春は、県大会1回戦でまさかの敗退という結果になってしまいましたが、決してその戦力が劣るわけではありません。

 

「何が起こるかわからない」のが、高校野球ですからね!

 

日大東北は、2013年、2014年と2年連続で夏の決勝で、聖光学院に1点差で破れ涙を飲んでいるだけに、リベンジの気持ちはどこよりも強いはずです!

 

日大東北の甲子園出場のカギを握るのは、エースの岩城。

 

岩城投手は、低めに丁寧に球を集めて打たせて取るピッチングスタイル。

春は、制球に苦しみ福島工に敗れるという悔し涙をのみました。

その悔しさをバネに、夏までにどこまで成長しているか??

 

夏は岩城投手に注目です!

 

出場校決定!

 

聖光学院

 
  • 私立 9年連続 12度目
本命的中です!

聖光学院は、戦後最長となる9連覇を達成です!凄い(*゚∀゚)!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ