2015年夏の甲子園予選山形大会優勝予想!本命は安定感抜群か??

 

今回は、山形県の夏の甲子園予選の優勝予想をしたいと思います(^^)!

 

山形県は、1990年台〜2000年台前半は酒田南が、97年から2005年までの9年間で、夏の甲子園に4年連続を含め7度出場するという一時代を気づきました。

 

ですが、ここ数年は毎年代表校が変わっており混戦模様となっています。

 

過去5年は

 

  • 2010年 山形中央
  • 2011年 鶴岡東
  • 2012年 酒田南
  • 2013年 日大山形
  • 2014年 山形中央
 

と言った感じで、毎年入れ替わり立ち代わり代表校が変わっています。

今年は一体どのチームが甲子園出場の切符を手にするのか??

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選 山形大会優勝予想

本命

 

鶴岡東

 

今年の夏の本命は、鶴岡東です。

鶴岡東は、2014年秋、2015年春と県大会に2季連続で優勝。安定感もあり勢いに乗っています。

 

4年ぶり4度目の甲子園への期待が高まっています!

 

鶴岡東の強みの1つは”堅守”です!県大会の4試合で失策(エラー)がわずか1つと堅い守りで隙を与えていません。

また、投手陣も厚く、左腕のエース福谷を筆頭に、古市、大田と3枚が揃う。

実際に春の大会では地区大会・県大会を合わせてもエース福谷がマウンドに上がったのは、わずか5イニング。

エースを温存しつつ勝ち上がれるのは、夏にはとても有利。

 

また、打撃陣も好打で勝負強く、春に打率.421をマークし全試合で打点をあげるという活躍をみせた4番の阿部や3番・柿崎ら中軸は脅威。

強豪・山形城北相手に9回に集中砲火で3−5からの逆転勝ちが、その底力を物語る!!

 

【鶴岡東のシートノック!これが鉄壁の守り!】



 

対抗①

 

酒田南

 

今年の対抗は、かつて一時代を築き、もちろん現在も県下の強豪校である酒田南です。
酒田南は、強打が売り!
中軸には、春.479と当たりに当たった3番前川がおり、4番には、春の大会で準決勝・決勝と連続ホームランを放っている、脅威の二年生石垣と強力な打者が並びます。

また、投手層も厚く、エース積田を始め、小池・本間、今野、そして春に背番号1をつけた成長株の中西と5人の投手がスタンバイ。
こちらも、他チームが羨む程の充実ぶりです。

本命に上げている、鶴岡東には、地区大会、県大会と直接対決で破れているので、夏こそはリベンジし、3年ぶりの甲子園を手にしたい所です!

 

対抗②

 

山形城北

 

続いての対抗は、秋・準優勝、春ベスト4で、初の春の東北大会出場を果たし勢い付いている山形城北!

 

鶴岡東、酒田南とは違い、山形城北は絶対的エース・左腕の鈴木が大車輪の活躍でチームを引っ張ります。

春は、県大会4試合、501球を投げきる脅威のスタミナの持ち主です!

球速は130キロ前半とスピードが飛び抜けているわけではありませんが、落差の大きなフォークボールをウイニングショットに、三振の山を気づいています。

 

夏の戦いで、エースの負担を軽減できるような攻撃が出来れば、甲子園初出場の悲願成就は難しくはない!

 

出場校決定!

 

鶴岡東
  • 私立 4年ぶり4度目
本命的中(^^)!

堅守の鶴岡東がやはり強かった!

甲子園では、エース福谷のピッチングはもちろん、フラミンゴ打法にも注目ですよ!

 

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ