2015年夏の甲子園予選青森大会優勝予想!三つ巴の戦いを制するのは?

 

今回は、青森県の夏の甲子園予選の優勝校を予想してみました!

 

現在、青森県は実力伯仲の3校がしのぎを削る三つ巴の混戦が予想されます。

この3校のなかで、やはり夏を勝ち切っていくにはやはり投手力が物を言うのか?
それとも、強力打線が物を言うのか??

 

それとも、第4の高校が名乗りを挙げるのか?

 

7月9日の開幕が楽しみです(^^)

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園 青森大会優勝予想!

本命

 

八戸学院光星

 

青森県の大本命は、八戸学園光星です!

現在、2014年の春、夏、そして2015年春と目下、3季連続で甲子園の土を踏んでいる八戸学園光星は実力はもちろん、経験値の面でも、他のライバルから一歩リード!

 

現メンバーにも、その3度の甲子園を経験するメンバーが多く残っており、”戦いなれしている”と言ってもいいでしょう!

 

この夏は、それまでエース右腕中川に頼りきりだった投手陣が充実。

右腕・八木、左腕・呉屋の成長で投手陣に厚みが出ています。夏の大会を投手1人で乗り切るのは、厳しい物がありますから、2番手・3番手の投手の成長は好材料です!

 

打線も、4番の益田や、東北大会でのホームランが光った田城らの活躍に期待!

もともと「強打の光星」と言われるチームの打撃力が夏にかけて更に強化されることは間違いないか!?

 

【甲子園でもこの破壊力!強打の光星】



 

対抗①

 

弘前学院聖愛

 

対抗は、春優勝の弘前学院聖愛です。

2013年以来の2年ぶりの甲子園を目指します。

まずは、打撃。
切り込み隊長は、センター北畠。打力・走力共に優れており、出塁すればチャンスメークが出来る心強い選手!
それを、2013年の甲子園出場メンバーである、3番嘉瀬、4番佐々木が勝負強いバッティングで返すという理想パターンをどれだけ再現できるかに注目!

投手はエース山下を中心に、2番手以降の投手陣が更に成長すれば守りの面でも、より盤石となる!

 

対抗②

 

青森山田

 

対抗馬とするには、強すぎる(汗)青森山田です。

青森県大会では、準優勝ながらも、のちの東北大会決勝では同県の優勝候補本命校でもある、八戸学院光星に8対6で競り勝ち、優勝!

2004年から2009年まで、6年連続で青森を制した経歴もある青森山田の底力は恐怖です。

 

チーム力も、2009年以来と評される仕上がりで、4番でエースの小野が投打に渡って、チームを引っ張ります。

 

過去、青森山田が春に東北を制した後の夏は、いずれも優勝!

このゲンを担いで、今年は夏の頂点に返り咲くことが出来るか!?

 

ダークホース

 

八戸工大一

 

最後に、ダークホース校として、八戸工大一にも注目したいところです!

八戸工大一のエース・内沢はプロも注目する右腕で、青森ナンバーワンとの声も聞かれる投手です。

 

長身から投げ下ろす、角度のある直球とカーブを武器に、戦います。

これまでの試合を見ると、制球力が課題。甘く入ったところを打ち込まれるという弱点を、いかに克服出来るかが夏のミラクルの為の必須条件か?

 

出場校決定!

 

三沢商業

県立 29年ぶり2度目

 

見事に、私学の強豪を打ち破っての優勝!甲子園でも期待です(^^)!!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ