2015年夏の甲子園予選岐阜県大会優勝予想!県岐阜高橋は再び甲子園へ来れるか?

 

2015年春の選抜高校野球では、県岐阜商業の高橋投手がと点も注目されました!

今年の夏も楽しみですね!!

 

ですが、岐阜県も毎年代わる代わる代表校が入れ替わる、激戦区です。

投手1人の力だけでは勝ち上がれないのが野球です。

 

はたして、この夏も県岐阜商の高橋投手の剛速球を甲子園で見ることが出来るのでしょうか??

今回は、混戦模様の岐阜県予選をの優勝予想をしてみたいと思います!!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選 岐阜大会優勝予想!

本命

 

中京

 

今回の本命は、中京高校です!

県岐阜商も、もちろん有力には違いないのですが、春の成績やチーム力を公平に見ると、「県岐阜よりも少し有利かな?」と感じられるんです。

 

中京高校は、春季大会では、決勝まで点差の大きな試合を展開し、決勝でも、14−2と土岐商業を圧倒。

その攻撃力は、県大会9試合で92得点と抜群の破壊力を持っています!

 

投手陣も充実しており、右腕・中村と左腕の澤下の2枚看板体勢。

体力の消耗の激しい夏の予選を勝ち上がるための、選手層は仕上がっています!

 

対抗

 

県岐阜商

 

本来は、本命であって然るべき県岐阜商は今回は、対抗馬とします!

県岐阜商は打線も中軸を中心に、得点力は申し分なし。

投手も、絶対的エースの高橋の投げるMAX152キロの剛速球はそう簡単に打ち崩すことは出来ません!

 

ですが、夏の過酷な予選環境です。

 

エース高橋以外の投手陣がどこまで成長するかが、甲子園を確実にするために重要なカギになります。

 

春季大会では、2番手以降の投手が相手打線に捕まり、ベスト8にとどまっています。

絶対的エースも、夏の猛暑の下での予選には疲労することは否めません。

2番手以降の片峯投手、村橋投手らがどこまで成長し、エース高橋を助けることが出来るかが、甲子園への分かれ目になるかもしれません!

 

【初回から150km/h!やっぱり凄い県岐阜・高橋!】



 

ダークホース

 

土岐商業

 

土岐商業は、昨年秋、今年の春と東海大会にコマを進めている、甲子園出場歴もある強豪校です!

 

エースには、ストレート140キロ台の速球派投手・勝野を擁し、打線も、強力。

県内での好成績はもちろんのこと、東海大会でも、愛工大名電や静岡高校と言った名門・強豪校に対して善戦し、ここ数年で、着実にステップアップしているチームです。

 

5年ぶりの甲子園を目指して燃えています(^^)!

 

出場校決定!

 

岐阜城北
  • 県立 14年ぶり3度目
この夏の岐阜を制したのは機動力野球が売りの岐阜城北高校です!

プロ注目投手高橋擁する県岐阜商が沈む中、ノーシード校の大躍進でした。

 

甲子園でもぜひ活躍して欲しいです。

公立校の星を目指せ!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ