インフルエンザの症状で咳はでる?他にはどのような症状があるの?

 

インフルエンザに感染するとどのような症状がでる?

 

症状を重症化させないためのコツと感染したときに注意するべきポイントを紹介していきます。

 

インフルエンザは感染するまえと感染後のケアが非常に重要になります。

知っているだけで得することがたくさんあるので覚えておきましょう!

 

スポンサーリンク


インフルエンザに感染するとどのような症状が出る?

ではインフルエンザになったときに発生する症状を紹介します。

 
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 腹痛
  • 下痢
  • 鼻水
  • 高熱
  • 悪寒
 

倦怠感代表的な症状はこれらになります。どれも非常に辛い症状ばかりですよね。

いざ、感染するとこれらがすべて起きる可能性もあります。

 

頭痛や腹痛だけでなく吐き気や関節痛から発熱まで起きてしまえば、食事どころか休養もまともにはできないですよね・・・・

寝るのも辛い状態では、本当に地獄のような辛さを味わう目になります。

 

咳こんでしまったときにそのまま吐いてしまったりすることもあるので、ベットの近くにバケツや袋を用意しておけば吐いても部屋中に嘔吐物が広がってしまうことを防ぐことができます。

 

インフルエンザは治るまでどのくらいかかる?

 

インフルエンザのウイルスは体内で最大で4日間ほど潜伏するといわれています。

潜伏期間は1日~4日程度なので、実際に症状が発生するまでは最大で4日かかります。

 

その間に、家族や友人と接触していると飛沫感染でうつしている可能性だってありますよね。

家族にうつしてしまうと看病する人がいなくなったり、仕事や学校へいけなくなるなどの悪影響ができます。

 

自分が感染してしまうと第一に考えるべきことは、他者へ移さないように気をつけることです。

インフルエンザは薬を飲んできちんと休養していれば治ります。

 

大切なことはこれ以上被害を拡大させないことです。

なるべく家族との接触をさけておきましょう。

 

同じ部屋で過ごさないようにしたり、部屋の空気はこまめに入れ替えるなど小さな工夫も大切になります。

インフルエンザ症状は急激な高熱や関節痛などが出てきます。もしも流行期である11月~3月までにこのような症状が出たときはすぐに病院へいきましょう。インフルエンザに感染している可能性が濃厚です。

 

インフルエンザが完治するまでは1周間前後だといわれております。

しかし、発熱や関節痛などの辛い症状が収まっているからといって体内のウイルスがすべて消えているとは限りません。

 

つまりまだまだ安心してはいけないということです。

油断をして友達と接触すると、飛沫感染させてしまうこともありますので注意してくださいね!

 

症状が収まったと感じたとしてもまだまだ油断せずに安静に過ごしておくべきです。

 

インフルエンザに感染したら食事をとるべきか?

 

インフルエンザの症状が辛い場合は、無理して食べる必要はないです。

インフルエンザ症状は吐き気や下痢などがあります。

 

無理をして食事をすれば吐き戻してしまったり、余計に辛い状況になってしまうことがあります。

 

しかし食べ物は食べられなくても水分は必要になります。

インフルエンザでも健康な状態でも水分は人間が生きるためには必要不可欠な存在です。

 

冷たい飲み物を飲むと吐き気を催してしまう可能性もあります。胃腸に負担をかける可能性もあります。

 

そういったときは常温のお水やスポーツドリンクを少量づつ飲み、水分を補給していきましょう。

発熱をして発汗すれば自然と体内の水分量は減少します。理想としては20分に1度は水分を補給しておきましょう。

 

インフルエンザにかかったら治すこと、他者へ移さないことを意識しておくべきです。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ