ノロウイルスは潜伏期間でも他人に感染する?予防の3つのポイント

 

冬場は職場や学校でノロウイルスが爆発的に流行します。

 

あなたは毎年感染しないための工夫を行っていますか?

感染症は伝染らないための対策と移さないための心構えが重要になります。

 

今回はノロウイルス感染対策について、お伝えしていきたいと思いします。

 

スポンサーリンク


ノロウイルスは感染しやすいぞ!

 

ノロウイルスは油断しているとすぐに感染してしまいます。

 

ノロウイルスは空気感染(飛沫感染)するので、他人が菌を持っていればあなたに移ってしまう可能性があります。

あなたが菌を保有していれば他人や家族でうつしてしまう可能性もあるのです。

 

体内でノロウイルスが潜伏する期間は24時間~48時間程度と非常に短期間です。

インフルエンザは96時間~120時間前後と言われているので比較しても非常にみじかいことがわかります。

 

もしも今日感染しているとすれば明日には症状が発症している計算になります。

急に症状が出てくるので気がついたときにはもう遅いわけです。

 

感染してしまうと家族や職場で一気に流行してしまう原因となるでしょう。

あなたが職場からノロウイルスをもらって、家族の誰かにうつしてしまうとまたそこから広がっていきます。

 

最初は小さな規模でも感染数が増えれば増えるほど勢いが拡大していきます。

免疫力が弱い老人や子どもは感染しやすいので一人一人の注意と意識が大切になります。

 

潜伏期間でもすでにノロウイルスは保有していることになるので他人へ空気感染でうつしてしまう可能性は非常に高いです。

しかし感染しているかしていないかは、自分ではわからないのが怖いところですよね。

 

こうなれば少しでも感染を防ぐことに意識をつかうべきです。

 

他者からのノロウイルス感染を防ぐためのポイント!

 

他者から菌をもらわないようにするために気をつけるポイントは次の3つです。

 

・人混みへ行かない

・歯を1日3回丁寧に磨く

・体調を整えて免疫力を高める

 

冬場は寒いので、屋外よりも屋内へ出かける割合が増えるとおもいます。

ショッピングモールには大勢の人間が来ますが、そのなかには体内に菌が潜伏している人もいるわけです。

 

なるべく人が多くあつまるところは避けるべきです。

 

施設のトイレなどはかなり危険ですので利用は避けましょう。

 

次は1日に3回歯を磨くことです。

歯を磨くのは食前がおすすめです。理由としては口内にいる雑菌を飲み込まないようにするためです。

 

もしも口のなかにノロウイルスがいたとすれば、そのまま食事をすることで体内へ菌を入れてしまいます。

 

しかし、食前に丁寧に歯を磨くことで雑菌を洗い流すことができますよね!

食後の歯磨きも大切ですがこういった感染症が流行する冬場は食前の歯磨きが非常に大切なのです。

 

職場へ歯磨きセットを持っていけばどこであろうと磨くことができますよね。

ノロウイルスは治るまでに1週間ほどかかります。

 

感染すると仕事へいけなくなる可能性も高いので、普段から危機意識をもって自分を守っていきましょう。

 

最後は体調を整えて免疫力を向上させることです。

人混みを避けたり歯を磨くことも重要な予防ですが、体の免疫力が低下していると感染リスクもあがります。

 

免疫力をあげることは簡単で、規則正しい食生活と睡眠をとればいいだけです。

 

規則正しい食事といっても栄養を管理して1日バランス良く食べるだけでも変わってきます。

睡眠も長く眠らなくていいので、毎日決まって時間に就寝するクセをつけて毎日決まった時間に起床しましょう。

 

睡眠時間のバランスが不規則になっていると、体調も崩れやすいので注意してください。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ