ノロウイルス対策にヨーグルトは効果的か?おすすめのヨーグルトは?

 

ノロウイルス予防にヨーグルトを食べると効果があるのか?

 

冬から春にかけて全国各地でノロウイルスが流行します。感染すると吐き気や腹痛など辛い症状がでます。

もしもヨーグルトをたべて予防できるのであれば早い時期から予防しておくことができますよね!

 

スポンサーリンク


ノロウイルスにヨーグルトは効くのか?

 

ヨーグルトが直接ノロウイルスに効果的というわけではないのですが、ヨーグルトを食べることでノロウイルスに感染するリスクを下げることができます。

 

なぜかといいますと、ヨーグルトに含まれるラクトフェリンという物質が体の免疫力をたかめてノロウイルス予防ができるそうです。

 

このラクトフェリンというのは、母乳にも含まれています。

乳幼児がお母さんの母乳から栄養素を吸収して体の免疫力を高める効果があります。

 

赤ちゃんが風邪や感染症などにかからないように母乳には必要な栄養素が含まれているのですね(^^)

こうして考えると人間の体ってよく出来ていますよね、実に不思議です。

 

このラクトフェリンという物質はヨーグルトにたっぷり含まれているため腸内の有用菌を増やして雑菌から体を守ります。

つまり、冬場にヨーグルトを食べることで完璧に防ぐことは不可能ですが、少なくとも確率をさげることは可能です^^

 

ノロウイルスだけでなく、風邪予防にも効果的なのでおすすめです。

 

ヨーグルトの種類はなにがおすすめ?

 

ほぼ全てのヨーグルトにラクトフェリンは含まれています。

しかし商品によっては含まれている量が多いものから少ないものまであります。

 

中には、「ラクトフェリン入り!」と大きく書かれているヨーグルトがあります。

そういった商品は、その他の商品よりも豊富にラクトフェリンが含まれている可能性が高いです。

冬場にはスーパーやコンビニで商品数が増えますのでじっくり選んでみてはいかがでしょうか?

 

ヨーグルトが苦手でも大丈夫です。

 

じつはラクトフェリンは、牛乳やチーズにも豊富にふくまれています。

基本的に乳製品には入っているのでヨーグルト嫌いの人は牛乳やチーズを毎日食べるように心がけてください(^^)

 

乳製品だけではまだまだ危ない

 

一番キケンなのは、乳製品を食べてウイルスに感染しなくなったと自信を持ってしまう人です。

油断すると他人からウイルスを貰ってしまう可能性がたかくなります。先ほどもお伝えしたようにラクトフェリンだけでは予防することができないです。

 

・手洗いうがい

・栄養バランスのとれた食事

・規則正しい睡眠

 

これらを日々心がけてこそ、ヨーグルトの予防効果も高まります。何か1つだけに頼ってしまうのは愚の骨頂です。

感染力が強いウイルスなので、風邪のように放置して治るほど簡単な病気ではないということを覚えておきましょう。

 

人間ですので、規則正しい睡眠と栄養のバランスが取れた食事が大切です。

冬場は夏場よりもエネルギーを多く必要とするので、食べなければ徐々に体の免疫力が低下していきます。

 

冬は温かい鍋に野菜をたっぷり入れて食べて栄養を補給してみてはいかがでしょうか(^^)

 

ヨーグルトを食べるなら朝と夜がおすすめ!

 

ノロウイルス予防の一環として、ヨーグルトを食べるときは朝と夜に食べることをおすすめします。

 

1日に1度食べるよりも2回に分けて摂取したほうが、栄養の吸収率も高まります。

続けなくては効果も薄いです。1週間に1度や2度程度食べているだけではあまり効果がないです。

 

予防ですから流行期である冬~春までは習慣として食べてみてはいかがでしょうか?

脂肪分が気になる人は低脂肪タイプのヨーグルトもおすすめですよ(^^)

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ