ロタウイルスの潜伏期間はどのくらい?流行するのはいつ?

 

ロタウイルスの潜伏期間はどのくらいなのか?

 

ロタウイルスは毎年各地で流行していますが、インフルエンザやノロウイルスなど有名な病気と比べるといまいちわからないことが多いですよね。

 

実際に病気の内容を理解して適切な対処がとれるようにしておきましょう!

 

スポンサーリンク


ロタウイルスの潜伏期間はどのくらい?

 

ロタウイルスの潜伏期間は24時間~72時間です。(1日~3日程度)

 

インフルエンザがノロウイルスとそれほど違いはありませんね!

ロタウイルスの症状は、ノロウイルスと同じく嘔吐や下痢、腹痛などです。

 

症状は非常によく似ていますが、大きく異なるのは感染しやすい年齢です。

 

ノロウイルスは年齢に関係なく感染・発症しますが、ロタウイルスが感染・発症しやすいのは、生後6ヶ月~2歳の乳幼児。

5歳までにはほぼ100%の小児が感染するといわれています(汗)

 

大人であれば平気な症状だとしても、乳幼児にとっては非常に重い症状になることがあります。

インフルエンザやノロウイルスとおなじように油断できる病気ではありませんので、注意する必要があります。

 

ロタウイルスの流行期は?

 

ロタウイルスが流行する時期は、2月~4月です。

 

インフルエンザやノロウイルスが11月~3月まで流行期ですので、これらの流行期がすぎ油断すると、ロタウイルスに感染するというパターンも考えられますね!

 

ロタウイルスに感染すると微熱とひどい下痢に悩まされます。

下痢をすると脱水症状を起こす危険性がたかまります。

 

下痢による脱水症状を防ぐためには、こまめな水分補給が必要になります。

 

症状が重い時は点滴治療が必要になる場合もあります。

吐き気がある場合は、ゆっくり水分補給させましょう。「少量づつ数回に分ける」がポイントです。

 

ロタウイルスに特効薬は存在しないので、完治するまでは油断せずに症状を見守っていく必要があります。

 

ロタウイルスのワクチンはあるのか?

 

ワクチンはあります。

インフルエンザとおなじように任意になりますので、料金は有料です。

 

値段はそれほど高くありませんので、ワクチンを接種することをおすすめします。

 

重症化を防ぐためのワクチンですので、完全に治ったり即効性があるものではないです。

事前に病院へウェブサイトを確認して詳細を確かめておきましょう。

 

わからないことがあれば、病院へ電話をかけて質問することも可能です。

病院へ診察をするとお金がかかりますが、電話での質問であれば無料なので積極的に利用していきましょう!

 

ロタウイルスの感染経路はどこから?

 

ロタウイルスへ人から感染します。

 

飛沫感染をするので、感染する力は非常に高いです。

 

トイレに下痢が飛び散っていたり、嘔吐物から感染することもあります。

どれだけ気をつけていても、ウイルスを完全に殺菌しきれていない場所に触ってしまうと知らない間に観戦することがありますので非常に怖いです。

 

ウイルスは洗濯をしてもそのまま付着して生きています。

ハイターなどの殺菌力の強いアイテムで殺菌しないと菌は全滅しないことを覚えておきましょう。

 

嘔吐物を布巾で拭き取るだけでは甘いということです。

ただウイルスを伸ばしている状態に近いので、綺麗にしたと思い込んでいると非常に危険なのです!

 

お子さんはこういった対策をすることができないので親や家族が協力してウイルスから守る意識が大切です。

 

トイレを掃除するときは、便座や床ばかりに気を持っていきがちですが、手すりやトイレットペーパーのまわりも丁寧に殺菌することが大切です。

 

流行期は2月~4月までなので、気を緩めずに対策を入念に行っていきましょう。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ