成人式の前撮りドレスは自分で用意しないといけないの?安く済ませる方法は?

 

成人式の前撮りをするときは自前でドレスを用意しなくてはいけないのか・・?

 

今年成人される方は、前撮り撮影をするときのドレスには悩まれるとおもいます。

 

男性であればスーツにするか、袴にするか・・

女性であればどのような色合いの振り袖を着ようか・・

 

悩みどころをたくさんありますが、自分の衣装を持っていない人は迷ってしまいますよね。

 

このような疑問の解決策にお応えしていきます!

 

スポンサーリンク


前撮りで身に付けるドレスはどうすればいいか?

 

前撮りで着用するドレスを持っていないときの選択肢は3つあります。

 
  1. 自分で購入する
  2. 家族や友人から借りる
  3. 衣装店からレンタルする
 

この3つです。

どれを選んでも自由ですが料金を少しでも安くしたい人は、2番目の家族や友人から借りることです。

 

家族や先輩などが自前のドレスを持っているのであれば、借りてしまえば安く済ませることができますよね(^^)

返すときのクリーニング代金だけで済みますので高くても5千円ほどあれば問題は解決します。

 

お金は少し高くなってもいいから自分が好きなドレスを着たい!という場合には、自分で購入することをおすすめします。

自分好みの色合いや形などすべてこだわって探すことができるので、満足いく形で前撮り撮影をすることができます。

 

男性であればスーツ代金(10万円前後)、袴であれば10万円~15万円程度になります。

女性の振り袖はお値段が10万円~100万円までピンきりです。

 

男性は比較的お安い価格で自由にドレス選びすることができます。

反対に女性は金額が高くなりすぎることがありますのでお財布と相談する必要があります。

 

成人式と前撮り写真にそこまでお金をかけてこだわる必要はないと考える人は、レンタルをおすすめします。

 

ドレスをレンタルすれば価格を抑えることができる

 

一番おすすめなのはドレスをレンタルすることです。

一度きりの前撮りですが、そこまで気合を入れなくてもレンタルで充分だと思うのであれば迷わずレンタル衣裳をおすすめします。

 

レンタルであれば店舗やシーズンによって価格が前後しますが10万円程度あれば問題なくレンタルできるはずです。

お店選びをするときには

 
  • 衣装が豊富か
  • 価格が安いか
  • サービス内容
 

ここに着目してください。

どれだけ品揃えが豊富でも、料金が高額すぎると出費も大きくなりますのでおすすめはできないです。

 

しかし店舗によっては品揃えも良く価格も良心的な場合があります。

複数店舗まわって見積もりをとってから前撮りをすればお金を大幅に節約することができます(^^)

 

秋~冬にかけて成人式の前撮りをする人の数が増加します。

シーズンを避けて前撮りをすればお安くサービスを受けることができる場合もありますので、ネットから探してみてはいかがでしょうか。

狙いどきは春(3月)~夏(8月)にかけての期間です!

 

前撮りをするときは天候にも注意しよう

 

前撮りを予約する日にちの天気予報を、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。

 

当日に雨が降ってしまうと、外での撮影が困難になります。貸しドレスなので汚すといけないので室内の撮影になってしまうのです。

 

どうしても撮影したい場所があるのであれば、1週間前ほどから天気予報を確認して雨が降らない日程を予約するべきです。

お店の都合次第では多少の日にち前後もできると思いますので、小さなことですが確認しておけばいいとおもいます。

 

貸しドレスは基本的に早い者勝ちとなります。成人式当日のドレスも同じなのでなるべく早い段階での予約が必要です。

どれだけ遅くても春~夏までには終えておきたいところです。

 

思い出に残る1日をお過ごしください。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ