成人式の前撮りは男でもできるのか?知っておきたい2つのこと!

 

成人式の前撮りは男性でもできるのか?

 

成人式といえばかっこいい袴を着て、髪の毛をセットして成人式に出席しますよね。

 

でも成人式で撮影する写真は集合写真程度なので、満足のいく写真を残しておくことはできない可能性もあります。

 

そこで便利なのが前撮りです。

事前に写真撮影をしておけば当日成人式で思い出にのこる写真を撮影できなくても問題はありませんよね。

 

スポンサーリンク


成人式の前撮りは男女関係なくできる!

 

成人式の前撮りに男性も女性も関係はありません。

女性だけのものではないですし、男性だと特別お金が高くなるといったルールもないです。

 

成人式の前撮りは、”なるべく早めの時期に終わらせてしまうのがいい”と言われております。

その理由として、「混雑期を避けることができる」「天気が良い季節に撮影ができる」というメリットがあります。

 

成人式

 

やはり成人式が近くなってくるとスーツや袴や振り袖を用意する人の割合が増えてきます。

そうなれば当然ですが、前撮りをしにくる成人の人数も増えていきます。

 

9月~12月までの時期はもっとも混雑する季節なのでここだけは避けておきたいところです。

 

つまり混雑を避けてスムーズに前撮りを終わらせるのであれば春~夏までがチャンスです!

 

春~夏であれば天気が崩れる日も秋や冬とくらべると少ないですよね。

基本的には屋外と撮影できるのは雨が降っていないときだけです。

 

振り袖やスーツを着て屋外で撮影をしたいのであれば、天気が良い季節にやるべきです。

 

レンタルしている袴やスーツだと、小雨でも外での撮影は基本的にNGとなります。

ヨゴレてしまう可能性がすこしでもある場合は、すべて屋内撮影になります。

 

カメラマン

 

成人式前撮りの価格はどのくらい?

 

地域や店舗によって値段は大きくかわります。

 

安値をうりとしているお店では、格安で前撮りができるとおもいます。

反対に、値段よりも質をアピールしている店舗はレンタル袴や振り袖などの種類が豊富だったり、サービスが充実している可能性が高いです。

 

自前で着物を用意できる人は、撮影だけだとおもうので価格は安く済ませることができます。

 

成人式でみにつける着物を持っていない人は、レンタル料金が別途かかりますので費用はかさみます。

振り袖や袴は5万円以上はレンタル料金として取られてしまうので、少しでも安く済ませておきたい人は自前で着物を用意しましょう。

 

先輩や家族から借りることができれば、衣装代の心配は不要になりますよね(^^)

 

前撮りまでに準備しておくこと

 

満足いく写りで前撮りを終わらせるためには、準備が必要です。

最低でも準備しておきたいことは・・・

 
  • お気に入りの髪型をみつけておく
  • 痩せておく
  • 肌をキレイにしておく
 

この3つです。

 

まずは髪型です。

着物にあった髪型にセットしたりカットするなりして、写真を撮影したあとに不満が残らないようにしておきましょう。

 

美容師

 

次は痩せることです!

 

成人式の前撮り写真って、あとで必ず見返すものですから、痩せておかないと後悔します・・・・

 

記念に残る写真ですから、少しでもキレイに満足いくスタイルで臨みたいですよね(^^)

 

女性も男性も、やはり太りすぎていると写真写りが悪くなるので要注意です!

撮影日前日に、塩分や水分をとりすぎるとむくみの原因となるので、気をつけましょう!

 

最後はお肌です。

お肌をキレイにしておかないと写真に汚いまま写ってしまいます。

 

ニキビや肌荒れは数ヶ月前から意識してケアしておけば、それなりにキレイにすることができます。

 

成人式に気合を入れていきたい人は、お肌やスタイルを整えていく努力も必要となります(^^)

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ