東京湾大華火祭の場所取り!打ち上げ場所的にお台場海浜公園一択!

 

東京湾大華火祭は、お台場という人気のレジャースポットから観覧できるということもあって、かなりの人気です。

打ち上げられる花火の数は約12000発!尺玉と言われる大きな花火が打ち上げられるので見応えも十分です(^^)

 



 

レインボーブリッジ越しの大きな花火・・・どうでしょうか?

う〜ん素敵です(^^)

 

お台場感もありますし、東京湾というスポットであることもしっかりと感じられる最高の立地です!

この条件を満たす、観覧スポットは1か所に限られるわけではないのですが、

 

「無料」「臨場感」

 

をという条件で楽しみたいのであれば、個人的にはお台場海浜公園一択だと思います(^^)!

 

スポンサーリンク


お台場海浜公園の場所取り攻略!何時から行けばいい?

花火大会の宿命的なものといえば、
場所取り

 

ですよね。

 

場所取りって、基本は”早い者勝ち”ですから、早く行くに越したことはありません。

 

でも、かと言って、早朝から並ぶと言うのは、さすがに出来ないという人が多いと思います・・・(^_^;)

しかも、日中は炎天下が約束されていますから、熱中症の危険もありますよね?

 

花火が花開くのは”空”です。だから、最前列でなくても「場所が確保出来ればOK」なわけです。

 

ですから、

 

「待ち時間の出来るだけ少ない場所取り」をすることがポイントとなってきます。

 

つまり、しっかりと場所を確保できるギリギリの時間を知っておいて、その時間よりも少し余裕を持って行動できれば良いのです。

 

お台場

 

お台場海浜公園の場所取りのデッドラインは何時か?

お台場海浜公園の、”砂浜”にレジャーシートを敷いて場所取りをするのであれば、結構余裕をもって望めます。

 

15:00位までに砂浜に行くことが出来れば、場所の確保には困らないと思います。

 

もし、人数が多い場合は、確保すべきスペースも大きくなるのでより早いほうがいいですが、お昼以降で大丈夫でしょう。

 

 

一方で、お台場海浜公園の一歩手前の、デックス東京ビーチ側のウッドボード上に場所取りをしたい場合には、

 

お昼までに場所取りを完了しておかないと厳しいです。

 

 

「砂で汚れるのは困る」という場合は、より早い行動が求められます。

 

お台場海浜公園と言っても、

 

「砂浜でもいいのか」

「ウッドボードがいいのか」

 

で行動する時間が変わってきますので、注意してくださいね(^^)

 

最後に、お台場海浜公園と打ち上げポイントの位置関係やアクセスをご紹介します。




 

【電車でのアクセス】
新交通ゆりかもめ

●お台場海浜公園駅 下車 徒歩3分

●台場駅      下車 徒歩3分

 

りんかい線

●東京テレポート駅 下車 徒歩7分

 

【駐車場】
  • 公園内中央駐車場101台
  • 北口駐車場   244台
●料金 2時間600円 以降30分毎に150円


お台場海浜公園と打ち上げポイントの間にはレインボーブリッジしかありません!

臨場感ある美しい花火を見るにはここしかありませんよ!!

 

因みに、お台場に限らず、都内の駐車場は基本は有料です(汗)

帰宅時の渋滞などを考えると、車で行くのは余程の理由がない限りは、避けたほうがいいでしょう!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ