還暦祝いのお母さんに感謝のメッセージを!方法や場所選びは?

還暦をむかえた母親に感謝の気持ちを何らかの形で伝えたい!

 

少し照れくさいけれども伝えるのであれば、どのような方法でおすすめか?

いざ気持ちを伝えるとなれば恥ずかしいですし、どうすればいいか迷ってしまいますよね。

還暦をむかえたお母さんに気持ちを伝えるおすすめの方法をまとめました!

 

スポンサーリンク


どういう方法で感謝の気持ちを伝えるか?

まずはどのような方法があるのか、見て行きましょう。

  • 手紙で伝える
  • 動画で伝える
  • 色紙で伝える
  • 言葉で伝える

この4つがおすすめです。

どれも手軽に出来るものですので、あなたにあっているものを探していきましょう。

 

まずは「手紙」です。

 

手紙

 

手紙はストレートに気持ちが伝わるので、伝え方の方法としては優れています。

手紙であれば、直接話せないことでも素直にいえますよね?

 

面と向かって感謝の気持ちを伝えるのは少し恥ずかしいけども、手紙であればスラスラ書けるとおもいます。

直接は言えないことでも、手紙ですから落ち着いて伝えたいことをすべて伝えることができます。

手紙は思い出として残しておくこともできるので、形として残しておきたい人にもおすすめです!

 

2つ目は動画です。

 

ビデオカメラ

 

「動画」の場合は、スマートフォンもしくはビデオカメラが必要になります。

先ほどの手紙よりも手間が増えます(^_^;)

 

しかし遠方にいる母親へ会いに行けないときは、ダイレクトに動画で伝えることができます。

手紙よりも照れくささがあるかとおもいますが。こちらも対面ではないので伝えたいことを予め考えておけますよね!

 

動画も手紙とおなじで、残しておくことができます。

何度も気軽に見返せるのでおすすめです。

 

スマートフォンで撮影したビデオを簡単に送ることができますのでそれほど難しいことはありません。

 

「色紙」は複数人でメッセージを伝えるときにおすすめです!

 

色紙

 

兄弟、姉妹がいるときは、まとめて色紙にメッセージを書けばいいですよね!

 

手紙よりもお手軽ですので、かしこまる必要性はなくなるのでどうしても恥ずかしくなる人にはおすすめです。

色紙であれば、絵もかくことができるので言葉だけが手段ではなくなります。

 

そして最後、「言葉」です。

一番シンプルかつ効果は最も大きいでしょう。

 

効果というのは、気持ちを最もストレートに伝えられるということです。

どれだけインターネットが普及して便利になったとしても、直接会って会話をすることほど、早く正確に伝える手段はありません。

 

手紙、色紙、動画とは違い後に形として残ることはありません。

 

でも、お母さんの心にはしっかりと残すことができるとおもいます。

 

言葉であれば、「いつもありがとう」この一言だけでも充分だとおもいます!

 

普段、「ありがとう」の一言も伝えていないという人は還暦を迎えたお母様に一言伝えてみてはいかがでしょうか?

手紙+言葉で伝えるのは最強の手段だとおもいますよ^^

 

手段は決めたけど場所はどこがおすすめ?

伝える手段は決めたとしても、いつどのタイミングで伝えるか考えておきましょう。

 

近くに住んでいないときは、気軽に会えるわけではないですよね。

そういったときには、食事の約束をしてそのときに渡してしまえばいいのではないでしょうか?

 

レストラン

 

動画の場合は、どこにいても送ることができます。

 

しかし、手紙や対面で感謝を伝えるのであれば、直接あわなくてはいけないですよね!

 

久しぶりに家族で楽しい食事をして、最後にそっとさり気なく手紙などを渡せばいいのではないでしょうか?

 

たまにはレストランなどを予約して特別な時間を過ごすことも素敵ですよね^^

ぜひとも素晴らしい1日をお過ごしください。

 


あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ