9月に新潟で海水浴ができるビーチはあるのか?新潟はやっぱ寒い?

 

9月の新潟で海水浴ができる場所はあるの?

 

7月、8月に海に行きそこねてもう9月だけれども間に合うのかな・・・

 

このような疑問を持っている人も多いかなとおもいます。

仕事で真夏に海へ行けなかったりすることもありますよね(^_^;)

 

今回は9月の新潟の海について調べてみましたのでご紹介させていただきます!

 

スポンサーリンク


9月の海でも泳ぐことはできるのか?

9月でも海水浴をすることは普通に可能です。

 

なぜなら、海水は8月よりも高く温かいからです。

9月といっても気温が急激に下がるということはなく日中でも30度を超える日はまだまだあります。

 

夜や朝方に少し肌寒くなる程度なので、海へ入ることも可能なのです。

 

気温の差と海水の差は2ヶ月遅れだといわれており、夏よりも秋が海水温度がピークになるのです。

クラゲが秋頃から発生しはじめる理由も、海水温度が急上昇することが原因なのです。

 

とはいえ、9月でも海水浴はできますので安心してください^^

 

9月でも海水浴ができる新潟のビーチ

9月に新潟で泳げるビーチを紹介します。

あなたのお近くのビーチへ行ってみてはいかがでしょうか?

 

  • 素浜海水浴場
  • 長浜海水浴場
  • なおえつ海水浴場
  • 入崎キャンプ場海水浴場
  • 東の輪海水浴場
  • 網代浜海水浴場
  • 赤亀・風島なぎさ公園海水浴場
  • 佐和田海水浴場
  • 薬師堂海水浴場
  • 西鯨波海水浴場

 

海水浴場自体の営業は8月の下旬で終わっているのですが、営業期間外でも遊泳は可能です。

監視員などはいないので充分に安全管理を行なう必要があります。

 

泳げない人は絶対に一人で営業期間外に海へ入ることはやめてくださいね、自殺行為になります。

 

人が少ないビーチは危険がいっぱい

9月の海は人が少なく遊んだり泳いだりするにはおすすめですが、危険も伴います。

なぜ、9月になると人が少なくなるのか知っておきましょう。

 

先ほども少し説明したように、クラゲが出てきます。

クラゲは海水温度が上昇すると数が増加します。

 

クラゲの種類によっては、刺されると麻痺したり症状が重症化することもあります。

 

クラゲ

 

場所によって発生するクラゲの種類もかわります。

日本には比較的危険なクラゲの発生は少ないといわれております。

 

しかし海は繋がっているので、何らかの原因で危険なクラゲが海水浴場までやってくる可能性もあります。

充分に注意してください。

 

海水にクラゲの影を発見したばあいは、すぐに浜辺へ逃げて海水浴を中止しましょう。

 

その他の遊泳者がいるときには、注意を呼びかけて危険を知らせてあげましょう。

 

 

次は、波が荒くなっていることに気をつけましょう。

 

波

 

風が強くなり天候も変わりやすい季節なので、午前中は波が穏やかだったとしても、午後から急変することも多々あります。

 

そのような場合でも遊泳していると溺れたり沖まで流されてしまう危険性も少なからずあります。

 

子どもだけで9月に海水浴場で泳がせるのは辞めてください。

最悪の場合は、死亡事故が起きることもあります。

 

もしも事故が起きた場合には、保護者の責任となります。

最悪の事態を防ぐためにも、注意喚起を忘れないで下さいね!

 

海水浴場を利用した後はゴミを持ち帰る

人が少なくなると海が汚れるといわれております。

利用者が少なければゴミを平気で捨てたり、不法投棄したり、本来綺麗なはずの海が徐々によごれていきます。

 

ボランティアだけでなく税金を投入して海を清掃するなんておかしいですよね。

 

綺麗に海を使用することは魚や環境にとってもいいことです。

出したゴミは必ず持ち帰ることを忘れずに、海水浴場へ行くときにはゴミ袋を持参しましょう。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ