赤ちゃんが電車で泣く理由!大人も分かる気がする!?その対処法は?

赤ちゃんとお出かけは楽しいですよね(^^)

 

でも一方で、赤ちゃんて泣いちゃうのが困るところでもありますよね(^_^;)

 

赤ちゃんは泣くのが仕事!」と言われるくらい、ところかまわず、突然泣き出してしまったりします。

可愛い我が子とはいえ、これには、困ってしまいますよね(^_^;)

 

特に、電車の場合は気まずいですよね(汗)

 

移動するにしても、泣き止んでくれないと隣の車両に移動しても変わりませんし、車内が混んでいたりすると、あやすのもままならない状況になってしまったりします。

 

電車は赤ちゃん連れのママ・パパには逃げ場のない場所ですよね(^_^;)

 

でも、赤ちゃんが泣くのは理由があるから。電車で泣き出してしまうのにも理由があります。

今回は、「赤ちゃんが電車でなく理由」についてお伝えしたいと思います。100%この理由というわけではありませんが、結構当てはまるので、参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク


赤ちゃんが電車でなく理由は、なるほどだった!?

さっそくですが、赤ちゃんが電車でなく理由についてお伝えしたいと思います。

赤ちゃんが何故泣くのかというと・・・

 

暑いから

 

というのが大半の理由を占めているというデータがあるんです。

 

赤ちゃんは、新陳代謝が良く、汗かき。そして暑がりでもあるんです。

 

ママに抱っこされていれば、それはそれで暑くなる要因になりますし、電車の車内が混んでいれば、人の体温で外よりも暑苦しく感じることが大人でも多いですよね?

 

赤ちゃんは、自分が暑がりで、車内環境も暑くなるので不快に感じて、泣いて伝えようとしているわけです。

 

大人であれば、「あっついな〜」とボヤいて、我慢するところですが、赤ちゃんにはさすがに無理!

電車で、赤ちゃんが泣き出したり、ぐずり始めたりしたら、

 

「赤ちゃんが汗をかいてないか」

「衣服の中に熱がこもっていないか」

 

をチェックしてみましょう!

 

もし、これらに該当するようであれば、理由はかなりの確率で「暑いから」だと言えます!

 

なく赤ちゃん
 

電車で赤ちゃんが鳴き出した時の対処法は、お出かけ前から始まっている!

ということで、赤ちゃんが電車内で泣き出す理由の大半が「暑いから」だとすれば、それを解決するためには、

 

「どうやって赤ちゃんを涼しくしてあげるか?」

 

これが、問題になります。

赤ちゃんが「暑がっている」という状況に対処するには、やっぱり服を脱がせてあげるということが一番です。

 

ですから、お出かけ前に電車にのることが分かっているのであれば、「脱ぎ着しやすい服装をさせて出かける。」というのがポイントになります。

 

夏場はもちろんですが、冬場は冬場で、電車内のエアコンで暑かったりしますから厄介です。

 

冬になると温かい服を着せてあげていることが多いと思います。

 

ですから、「電車でお出かけ」が分かっている場合は、例えば、帽子、ソックスなどと、前ボタン式のセーターやボンチョなどを着せておいてあげて、簡単に脱がせられるようにしておきたいところです。

 

電車

 

電車にのるときは、ちょっとした「お出かけ仕様」のコーディネートにしてあげる感じですね(^^)

 

また、普段電車で移動することが多いママの場合は、日頃から赤ちゃんの洋服を選ぶときは、「脱ぎ着しやすい」というところに重点を置くといいでしょう!

そうすれば、いつでも対応できます。

 

最後に

以上が、赤ちゃんが電車で泣いてしまう理由と、対処法についてでした。

 

赤ちゃんが泣くということは、いわばコミュニケーションの一つです。

日頃から、赤ちゃんが泣いている時に「何を伝えているのか?」という事に着目して接してみると、赤ちゃんの思っていることが分かるようになります。

 

最初は、赤ちゃんが泣きだすと、ママもオロオロ、パパもオロオロとなってしまうかもしれませんが、しっかり赤ちゃんと向き合っていれば必ず分かる時が来ますよ!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ