赤ちゃんの日焼け対策!日焼け止めは何ヶ月から塗っていいの??

 

赤ちゃんの肌は、ぷよぷよしていて気持ちいいですよね(^^)?

いつまででも触っていたくなるような、素敵な感触です(笑)

 

そんな、赤ちゃんの肌ですが、生まれたてであれば生まれたてであるほど、外からの刺激には弱いものです。

肌への外部からの刺激と聞いて思い浮かぶのは、そう・・・

 

紫外線ですよね?

 

大人であろうとなかろうと、日焼けの傷み、痒みは耐え難いものです。

そもそも、日焼けって、やけどと一緒ですから、赤ちゃんにとってはなんとしても避けたいくらいです。

 

スポンサーリンク



5月くらいからは紫外線が強くなり、大人でも日焼けしちゃいまよね?

これが、赤ちゃんともなれば、「季節を問わず気をつけよう!」といっても大げさではありません。

 

ちょっとした移動でも、紫外線にさらされることになりますから、できるだけ紫外線のケアにも気を使いたいところです。

そんなことで今回は、

 

「赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗っていいのか?」「どんな日焼け止めを選べばいいのか」

 

と言った点について、お伝えしたいと思います。

 

日差し

 

赤ちゃんに日焼け止めっていつから塗っていいの?

まずは、赤ちゃんにはいつ頃から日焼け止めを塗ったらいいのかについて!

そもそも、「赤ちゃんに日焼け止めって塗っていいの?」という疑問があるかもしれませんが、塗ってもOKです。

 

むしろ、大人よりも紫外線に弱いので、意識して日焼け止めは使ったほうが良いのです。

もちろん、この後紹介するような優しい日焼け止めに限りますけど(^^)

 

そして、「いつ頃から塗っていいのか?」ということについてですが、

 

0歳からOKです。

 

ってなってくると、「何ヶ月からか?」ってなると思うんですけど、ママと外にお出かけ出来るようになるくらいからです。

 

月齢で言うと、3ヶ月くらいからが目安です。

 

e33b029a2acb7d169ba598e8e99fc612_s

 

真夏の炎天下に連れ出さなくても、薄曇りでも、日陰でも、紫外線は常に降り注いでいます。

ちょっとのお出かけでも、万全のケアをして外出するように心がけて下さい!

 

また、塗り方のポイントとしては、一定の時間がたったら塗り直すことも忘れないで下さい。

これは、赤ちゃんに関わらず、大人の場合も同様ですが、日焼け止めは時間とともに汗などで流れ落ちてしまっったりして、日焼け止め効果が薄れていきます。

 

赤ちゃんにはどんな日焼け止め選べばいいの?

プールの赤ちゃん

 

まず、第一のポイントとしては、「天然由来成分」でのみ作られている日焼け止めを選ぶことです。

 

赤ちゃんや幼児と言われるくらいの間は、何かと口に入れたがりますよね(^_^;)

これは、当然のことで、言って治るものではありません、

 

ですから、赤ちゃんがなめてしまっても安全な日焼け止めを探しましょう!

 

また、日焼け止めの強さを示すSPF(いわゆる防御力)は20程度、紫外線A波の防止効果を示すPA値は、PA++(かなり効果があるレベル)であれば、普段使いなら十分効果を期待できます。

 

もちろん、赤ちゃんに優しいということは、大人にも優しいと言う事ですので、ママやパパも一緒に使うのも問題ありません(^^)

 

そして日焼け止めは、塗るだけでなく、落とす時の事も考えておかなければなりません。

 

赤ちゃんの肌は、繰り返しお伝えしているように、とてもデリケートです。

大人ならお風呂でゴシゴシ洗えば、たいてい落ちますが、赤ちゃんの場合はそんなことは出来ません。

 

赤ちゃんの身体を洗う時の事を考えると、”石鹸で落ちる”物を選ぶべきです。

そうすれば、泡でやさしく洗いながら、日焼け止めを落としてあげることが出来ますからね(^^)

 

なお、石鹸で洗っても日焼け止めが、ちゃんと落ちてないと感じるのであれば、赤ちゃん用のクレンジングペーパータオルなどが販売されているので、そういったものを活用するのもいいですよ!

 

以上のポイントに注意して、外出の際は夏場に限らず、しっかりと赤ちゃんを紫外線から守ってあげるようにしてくださいね!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ