赤ちゃんの熱中症の危険度サイン!嘔吐は激ヤバ!?判断基準は?

 

今の日本の夏って異常だと思いませんか?

連日の猛暑で、老若男女問わず、熱中症の危険に付きまとわれる毎日ですよね(^_^;)

 

勿論、赤ちゃんも例外ではありません・・・(汗)

 

むしろ、”デリケートで身体の体温調整機能などが未成熟な赤ちゃんは、熱中症にいつなってもおかしくない”と考えておいたほうがいいくらいです。

大人にとっては、なんともない気温でも、赤ちゃんにとっては熱中症になる危険性がある場合もあったりします。

 

そこで、今回は、「赤ちゃんの熱中症」に早く気づいてあげるための、「赤ちゃんが出す熱中症のサイン」をまとめてみました。

ぜひ、サインを頭に入れておいて、大事に至る前に、適切な対応ができるようにして下さい!

 

スポンサーリンク


こんな症状は熱中症を疑え!!

まずは、熱中症の初期症状からお伝えします。

 

赤ちゃんは身体も小さく、発汗量の調整などが上手く出来ないなどの”熱中症に対するリスク管理力”がまだまだ低いので、ママやパパが早めに気づいてあげないといけません。

以下の症状は、熱中症になりかけなので、日頃から注して見てあげたいポイントです!

 

【赤ちゃんの熱中症の初期症状】

  • 顔が赤い
  • 機嫌が悪い
  • 汗をかく量がいつになく多い
  • おしっこの色が濃い

これらの症状は、いずれも熱中症の初期症状のサインです。

身体から水分が足りなくなってきていることによって引き起こされる症状です。

 

なく赤ちゃん

 

日頃から、赤ちゃんと過ごす時間の長いママには、ぜひチェックしてもらいたいポイントです。

 

こういった症状が見られる場合は、

 
  • 直ぐに涼しい場所に移動する
  • 薄着にして身体を冷やしてあげる
  • 水分補給をさせてあげる
 

といった対処をして経過をみましょう。

もし、水分補給がうまくいかない(飲んでくれない)という場合には、特に危険なので病院で新札を受けたほうがいいです(汗)

 

これはヤバイ!重症手前のサインは??

さて、そして”出来れば遭遇したくない”重症手前の症状はこちら(汗)

正直、このような場合は、至急病院へ行くべきですので、気をつけて下さい!!

 

【赤ちゃんの熱中症の重症手前の症状】

  • 嘔吐して(吐いて)水分が取れない
  • ぐったりして水分が取れない
  • 顔色が悪い
  • ぐったりしている
  • 汗が少なく、身体が熱い
  • 涼しい場所で身体を冷やしても体温が下がらない
  • おしっこが6時間以上でていない

 

こういった症状になると、かなり危険です。

 

救急車

 

水分が取れない、体温が下がらないという状態は、体内の水分が明らかに不足ていて、体温調整の機能が上手くいかない状態になってしまっていると言う事です。

 

このような状況には出来る限り、出会いたくありませんが、万が一の場合は、夜間でも、土日でも、救急車を呼んででも病院に行くべきです(汗)

 

最後に

赤ちゃんは、だるくても、のどが渇いていても、頭が痛くても、口で伝える事は出来ません。

当然ながら、パパ・ママがいかに早く気づいてあげられるかが大切です。

繰り返しになりますが、赤ちゃんはまだまだ体温調整が苦手です。

 

「服を着せすぎた為に熱中症に・・・」

 

なんていうこともありうるのです。

 
  • 外をお散歩したあとで・・・
  • 元気に遊んでいたあとで・・・
  • 気温差の激しい場所を移動したあとで・・・
 

赤ちゃんの熱中症は、何がきっかけで発症するか分かりません。

 

また、真夏以外の季節、例えば梅雨明けや9月以降の残暑、でも赤ちゃんにはつらい時期が続きます。

こまめな水分補給や、体温のチェックで、大事に至る前に対処できるように、見守ってあげて下さい!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ