11月3日の文化の日は結局なに?由来は?日本一謎の祝日。

毎年11月3日は「文化の日」ですね。

 

文化の日ってなんですか(^^)?

 

日本の祝日の中で「文化」という抽象的な言葉が

使われている唯一の日とも言ってもいいのではないでしょうか?

 

今回はこの「文化の日」についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク


文化の日の由来は?

「文化の日」は1948年(昭和23年)に決められた

”国民の祝日に関する法律”によって定められました。

 

実は1946年11月3日に「日本国憲法」が交付された日

なんです。そして、この日本国憲法が「平和と文化」を

重視した内容であることから「文化の日」と名付けられ

たようです。

 

読書の秋

 

実際に文化の日には「日本の文化の大きな発展に貢献した人」

を選出して「文化勲章」が政府から送られているのはニュース

などでご存じの方も多いかもしれませんね(^^)

 

文化の日・憲法記念日は兄弟

文化の日が「日本国憲法」の公布日と聞いて

「憲法記念日は?」と思った方もいるかもしれません。

 

そうですよね、「憲法記念日」もありますよね。

この日ももちろん日本国憲法に由来した祝日です。

 

この2つの祝日の違いは簡単に言うと以下のとおりです。

 

文化の日=1946年11月3日に日本国憲法が公布された日に由来

憲法記念日=1947年5月3日に日本国憲法が施行されたにに由来

 

公布と施行の違いは?

ではここで言われる「公布」と「施行」の違いは何でしょうか?

 
  • 法律の公布・・・国会で制定(決めること)された法律が天皇陛下や
    官公庁によって一般の国民に知らされること。
  • 法律の施行・・・交付された「法律」が実際に効力を持って適用されること
 

です。

 

国会

 

つまり「お知らせ」があって、その後でお知らせに従って「始まる」

ということですね(^^)

 

もともと文化の日は休日だった。

実は11月3日は日本では「文化の日」制定以前から祝日になっていました。

戦前から昭和22年までは「明治節」としてお休みになっていたんです。

 

「明治節」とは「明治天皇」の誕生日だったんです。

今で言う「昭和の日」(昭和天皇の誕生日)と同じですね(^^)

 

本当は日本としてはせっかくだから11月3日を「憲法記念日」に

したかったそうなんですが、当時日本を管轄していたGHQから

 

「ダメ!憲法記念日じゃなかったらいいよ。」

 

と言われたので、「文化の日」という名前でそのまま祝日に

改めて制定したのです。

 

当時は特に戦後すぐの時期なので「天皇」と「憲法」を

アメリカとしては「記念日」としてもくっつけさせたくなかった

のでしょうね。

 

最後に

文化の日は実は今の日本の憲法が世に知らしめられたとても

重要な日だったのです(^^)!

謎めいた祝日(?)でしたが、日本人としては知っておきたい

ことですね。

 

文化の日は「文化祭」や芸術のイベントが多いので

平和に感謝しつつ芸術の秋を楽しんでみるのも

いいですね(^^)


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ