還暦祝いの一言メッセージ!両親に手紙を書くときのポイント!

還暦のお祝いに両親へメッセージを送るとしたらどのような言葉を添えるべきか?

 

普段言えない感謝を伝えることができますし、たった一言でもいいのでやるべきです!

そのためにコツなどを紹介させていただきます。

 

還暦祝いの手紙を書く時のコツ

手紙で感謝を伝えるときには、どうするべきか迷いますよね。

ちょっぴり照れくさいですし、普段かかない手紙をいざ書くとなれば簡単にパッと言葉が思い浮かばないかとおもいます。

 

ではメッセージを送るときのポイントとしては

 
  • 感謝を伝える
  • 面と向かって言えない気持ちを書く
 

この2つが重要です。感謝を伝えることはもちろんですが、それだけではなくて

面とは向かって言うのは恥ずかしい言葉を手紙を利用して伝えましょう。

 

スポンサーリンク



実際に喋って会話するとき、手紙でメッセージを送るときではまた感情もちがいますし、言えないことでも、手紙であればスラスラかけちゃいますよね!

では、実際に何を伝えるべきか紙などのメモをしてあとで書きやすいようまとめておきましょう!

 

手紙やメッセージカードは書店で購入することができる

白い紙にメッセージを書くだけではちょっぴり物足りないです。

ですから、書店で手紙やメッセージカードを購入してそちらに書き出していきましょう。

 

貰った手紙はご両親からすれば、宝物になるはずです。

 

ですから、見た目にもこだわる必要があります。

数百円程度で綺麗なメッセージカードや紙を購入することができますので、お近くの書店でお気に入りの品を見つけて購入しましょう!

 

メッセージカード

 

手紙を渡すタイミングはいつがおすすめか?

還暦祝いをするときに、一緒に渡してしまいましょう。

還暦のお祝いでお食事や温泉旅行などへ行ったときに、ついでに渡してしまえばいいかなとおもいます。

 

実際に手渡しするのでが恥ずかしいときには、両親の部屋に置いておいたり、兄弟にかわりに渡してもらうなり、代替手段を考えましょう。

 

実際に親に手紙を渡すとなれば恥ずかしいですし、必要以上にドキドキしてしまいますよね(笑)

それは誰しもが同じだとおもいます!でも、伝えることは素晴らしいことです。頑張って渡しましょう!

 

思っているだけでは気持ちは相手に伝わらない

とても当たり前のことですが、思っているだけでは相手に気持ちは伝わらないです。

 

「あのとき、気持ちを伝えておけば・・・」

 

と思ったこともあるでしょう。

実際に思っているだけでは相手に気持ちを伝えることはできません。

 

良い意味でも悪い意味でも、思っていたことを伝えなければ、相手に理解されることはないですし、伝わらないです。

 

今回の還暦をお祝いするときも、日頃から感謝している気持ちを言葉で伝えようとしない限り伝わりません。

 

いつか両親がいなくなってから後悔しても遅いですよね。

 

人生は一度きりですし、同じ日が二度とこないですし、同じ環境で生活することも一回きりです。

思っているだけでは伝わらないことを理解したうえで伝えるべきことを手紙にかきましょう。

 

夫婦

 

還暦祝いに手紙と一緒にプレゼントを渡してみよう!

手紙だけではなく、プレゼントも一緒に渡すことで喜ばれますし、手紙を1つ渡すよりも照れくささが減りますよね。

 

どうしても直接手紙を渡すのが”恥ずかしくて仕方がない”のであれば、プレゼントに潜めておけばいいですよね(笑)

 

ご両親が好きなものや、欲しがっている品物をこっそりと、調べておき、還暦のお祝いをする日にはプレゼントしてあげましょう!

きっと喜ばれるはずです、良い1日をお過ごしくださいね!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ