海水浴は9月でも大丈夫?千葉の海水浴場は泳いでも大丈夫か?

千葉では9月でも海水浴ってOK

 

もしも可能だとすれば、いつ頃まで入れそうかなどについて調べてみました。

また海水浴をするときの注意点などもあわせてご紹介させていただきます。

海

 

千葉で9月に海水浴することは可能なのか?

9月に海水浴をすることは可能です。千葉の海水浴場でも問題はありません。

季節外れに海で泳いでいると注意されそうなイメージがありますが、大丈夫です。

 

7月、8月に比べると利用客はほぼいないのでリラックスして使うことができます。

 

最も海水浴場で混むと言われているのは、お盆辺りまでです。

そこから時間とともに、少しづつ利用者が減っていきます。

 

小学生や中学生の夏休みが終わるころになると家族連れでの利用者はほぼいなくなります。

 

8月までは有料だった海水浴場も、9月には無料開放されているのでお金がかからないというメリットもあります。

 

スポンサーリンク



9月でも海で泳ぐことは可能ですが、知っておかないと危険なこともあります。

事故などに合わないために注意することも大切です。

 

9月以降の海水浴は事故責任で行なうこと

9月には海水浴利用者が減っていくので、ひと目につかないことがあります。

万が一、溺れたり怪我をしても、誰かが助けてくれるわけではありません。

ライフセーバーさんなんかもいなくなってしまいますからね(汗)

 

自分の命は自分で守るしかないので、浮かれて事故に合わないように意識を引き締めてください。

 

毎年海水浴で命を落とす人間が必ず出ます。

 

事故の原因は様々ですが、”溺れた人間を助けようとした人”も巻き込まれて亡くなってしまうこともあります。

泳ぎに自信がない場合には、浮き輪をつけたり、一人で遠くまで泳がないということが大切ですよ!

 

人は溺れてしまうとパニックになるので、助けようとしている人の体にしがみつき離れなくなります。

一緒に海中へ巻き込まれて溺死してしまうので、泳げない人も泳ぎに自信がある人も海では注意しておかないと危険です。

 

溺れる

 

9月以降はクラゲが増加します、刺されないように気をつけよう

7月~10月にかけて海の水温が上昇していきます。

海の温度が上がることでクラゲが発生しますので、泳いでいるすぐ横にクラゲがいることもあります。

 

もしも海中でクラゲの影が見えたら、すぐに浜辺へと戻りましょう。

急ぐとパニックになって溺れることがありますので、ゆっくりと落ち着いて冷静に対処しましょう。

 

クラゲに刺されてしまうと体が麻痺したり、荒れたり激痛に襲われることがあります。

種類によって毒を持っている場合もありますので、刺されてしまった時には、患部を海水にひたして応急措置をしてください。

 

すぐに救急車もしくは、車で病院に向かい手当をしてもらいましょう。

放置しておくことは危険ですので、必ず医者に見てもらいましょう。

 

クラゲ

 

食べ物や飲み物のゴミは必ず持ち帰ること

海水浴場を利用する最低限のマナーです!

ゴミを出したら必ず持ち帰ることが大切です。綺麗な海を保つためにはゴミを減らす必要があります。

当然といえば、当然ですが、海岸が汚れている事が多いですよね?ということは、「当然のことが出来ない人が多い」ということです(T_T)

 

浜辺に捨てたゴミは、海へ流れて魚などに悪影響を及ぼしてしまうので、景観と命を守るために必ずマナーを守って利用しましょう。

海水浴場にはゴミ捨て場がないので、必ずゴミ袋を持参しておくようにしましょう。

 

海岸

 

飲酒したあとに海で泳ぐのは危険です

飲酒をしながらの海水浴は危険です。

お酒は海水に浸かると抜けやすいといいますが、真っ赤なデマです。

 

アルコールを飲んで海へ入っても、アルコールが体から抜けることはまずありません。

 

溺死してしまう原因にもなりますので、酔っている状態での海水浴は避けましょう。

一緒に海へ行く人がいる場合には、酔った状態で海へ入らないか見守ってあげることも大切ですよ!

 

これらのマナーを守り、安全を第一に優先して海水浴を楽しんでください。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ