茨城で9月に海水浴ってできるの?

茨城県で9月に海へ入ることができる海水浴場あるのか?

 

7月、8月は海水浴場が大変混雑するシーズンですが、9月は利用者がガクっと減ります。

人が少ない時期に海水浴場を利用するときに、おすすめの場所をご紹介させていただきます(^^)

 

海水浴

 

茨城県でおすすめの海水浴場

ではまず茨城県にある海水浴場をいくつかご紹介させていただきます。

  • 阿字ヶ浦海水浴場(茨城県ひたちなか市)
  • 川尻海水浴場   (茨城県日立市)
  • 大洗サンビーチ海水浴場(茨城県東茨城郡大洗)
  • 平磯海水浴場   (茨城県ひたちなか市)
  • 姥の懐マリンプール(茨城県ひたちなか市)

結構な有名所です(^^)

茨城県にある海水浴場です。9月でも海水浴場へ行くことができます。

 

9月に海へ行くことはできますが、色々と疑問に思うことがあるかとおもいます。

例えばですが、

 
  • 9月になって海水浴場で勝手に泳いでも大丈夫なの?
  • 危険はない?
  • 誰かに注意されない?
 

などなど、不安になることがありますよね。

そこらへんも調べてみたのでご参考にしてください。

 

営業期間外の海水浴場へ行って泳ぐことは問題ないのか?

基本的には問題はありません。何か事故などがあれば自己責任となります。

 

7月~8月の営業期間のあいだは監視員がいますが、9月ともなれば誰もいない寂しいただの海です(^_^;)

 

実際に危ないので泳がないでください、などと注意書きがありますが、泳いだからといって、通報されてしまい注意を警察から受けることはないでしょう。

ただ危険を伴うことをしていた場合や、まわりに迷惑となる行為をした場合には、住民に通報されてしまうこともありますので、マナーは必ず守り安全に楽しく海水浴場を利用しましょう。

 

海

 

バーベキューなど火を扱うことは避けるべき

海といえばバーベキューをして肉や魚を焼いて食べたくなりますが、ゴミの発生や火を扱うので、なるべく避けるべきだといえます。

場合によっては、火の扱いを禁じている海水浴場の場合もあります。

 

ゴミ問題で問題視されている海水浴場などは、利用者の監視をしている住人などが居る可能性が高く、警察へ通報されてしまうケースもあります。

 

どれだけ綺麗に利用しているつもりでもゴミが海へと飛んでいくこともあるでしょうし、絶対にゴミを出さないということは不可能に近いです。

ですから海辺でバーベキューなどをするのは極力避けたほうがいいかと思います(^_^;)

 

海で泳ぐ時にはクラゲと波に注意すること

クラゲ

海でクラゲに遭遇した場合には、すぐに浜辺へと戻り海水浴を中断しましょう。

クラゲは人間を刺しますので危険です。

毒を持っていないとしても刺されると危険ですから、もしもクラゲを見かけた場合には、すみやかに海水浴は中止するべきです。

 

クラゲに刺されると全身の肌が荒れたり腫れたり、辛い経験をするはめになります。

 

万が一クラゲに刺された場合には、すぐに病院へいき適切な手当を受けることが大切です。

素人判断で処置しておくと余計に酷くなってしまうこともありますので注意しましょう。

 

次に注意するべきは、です。

風が強かったり波が高いときに海水浴をすると波にさらわれてしまいます。

人間は水中では無力です(汗)

 

波

 

魚のように自由に動きまわることも、水中で呼吸することもできないので、一度溺れたり沖へ流されてしますと死亡する可能性が高くなります。

悲しい事故を防ぐために、波が高いときは海で泳がないようにしましょう。

溺れないために、浮き輪やシュノーケルをつけて海へ入ることも安全対策の1つです。

 

監視員のいない9月の海水浴場では危険が多いので出来れば泳がないことをおすすめします。

それでも泳ぐときには、安全を第一に優先してください。

 

最後に

茨城県は海水浴場がたくさんあります。

でも、北関東に位置するので、水温や風にも注意が必要です。

 

9月になると、空気が暑くても、海水が冷たい、濡れた状態で、風にあたると鳥肌が立つほどひんやりしたりします(^_^;)

 

気温だけでなく、その他の条件もきちんと考えて楽しみましょう(^^)

 


あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ