旅行の持ち物の準備!子連れの時のうっかり忘れを無くすコツ!

お子さんを連れて旅行へ行くときには予想外のできごとに備えて、きちんと準備を整えてから、出発するべきです。

 

うっかりミスを減らして、楽しい時間を過ごすために準備を整えていきましょう。

今回は、そのために必要な持ち物や注意点をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク


旅行に子供を連れて行く時はなにが必要になるか?

子供と一緒に旅行へいくときには、両親がきちんと荷物を準備しておかないと、忘れ物が必ず出てきます(^_^;)

まずは、自分が忘れ物をしないようにリストを作っていきましょう。

  1. 必ず持っていくべきものを紙に書き出す
  2. 1つ1つバッグへ入れていく
  3. 最後に入れ忘れがないか確かめる

この3つの手順通りに行なうことで忘れ物は無くすことができますが、これだけでは不安になってしまいますよね?

 

例えばこのような持ち物はうっかり忘れやすいです。

  • こどもの薬
  • 保険証
  • おむつ、下着

こどもの薬や保険証は一度忘れてしまうと、現地で調達することができない品物ですので、どうすることもできません。

 

失敗

 

反対に、おむつや下着など場所は違えど旅行先でも購入することができる持ち物は、忘れてもなんとかなりますよね(^_^;)

 

ここで注意することは、

 

現地ではどうすることもできない持ち物からしっかりとバッグへ入れていく

 

ということです。

 

旅行となると、荷物の量も増えますし、1つのものごとへの注意力が低下してしまいます。

ですから、重要度の高い持ち物から紙に書き出していきましょう。

 
  1. 現地調達できない重要な持ち物を紙に書き出す
  2. きちんと確認をしてバッグへ入れていく
 

このように行なう必要があります。

 

一人で準備をするよりも夫婦揃って準備をすることで、うっかりみすを減らすことができます。

 

「なにが必要で、なにが必要ではないか?」

 

そこをしっかりと見極めていきましょう。

 

考える

 

持ち物は1つでも多く持っていくのではなくて、なるべく身軽になるために、少しでも荷物を減らすことを意識していきましょう。

そうすることで、どこになにを入れたかわからなくなることはないですし、万が一、持ち物が盗難にあっても被害を最小限に食い止めることができます。

これらを考慮したうえで、お子さんの荷物を準備してください。

 

お金は財布だけに入れておくと危険です

旅行先ではお金をいつも以上に使うことが予想されます。

 

美味しい料理を食べたり、ホテルへ宿泊したり、おみやげを購入したり・・・

 

たくさんお金を使いますよね!

 

そこで、財布だけにお金を入れていると、もしも落としてしまったときに困ることになります。

お金は夫婦、別々に所有してバッグや車など別の場所にも保管しておきましょう。

お金を1つの場所に集中させてしまうとリスクが高まりますので、楽しい旅行を台無しにしないために危機管理を行ってくださいね!

 

海外旅行の場合は、なおさらです。

「日本よりも安全な国はない」とおもって、スリや置き引きなどにも注意が必要です。

 

キャリーバッグとリュックサックどちらがおすすめ?

リュックサックとキャリーバッグはどちらがおすすめか?

 

どちらもメリットはありますが、荷物が多い場合は、大きめのキャリーバッグに入れて荷物を運ぶことで、便利になります。

しかし、荷物がそれほど多くないときは、リュックサックに荷物を入れておけば充分ですよね。

 

飛行機で移動するときには、サイズが大きなキャリーバッグになると、輸送費がかかってしまいますので、リュックサックで荷物を分散させて費用を最小限に抑えるという方法も可能になります。

 

持ち物は、重すぎるものを入れていると運びづらいので、大きいて重い持ち物は、場合によっては現地で調達することをも考えたほうがいい時もあります(^_^;)

 

楽しい旅行を送るためには、荷物も最小限にしておき、なるべく身軽で楽しむことをおすすめします!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ