銀行はゴールデンウィークは営業してるの?振込ある人は急げ!

ゴールデンウィークに限らず、大型連休になると気になることに、「銀行の営業日」があるのではないでしょうか?

 

当たり前ですけど、銀行は「お金」を取り扱っています。

「お金ほどダイレクトに、生活に影響をおよぼすものは他にはない」といってもいいのではないでしょうか?

 

食費、光熱費、保険や税金の支払い、そしてレジャーのために・・・

 

いざとなれば、クレジットカードや電子マネーを使えないこともありませんが、やはり現金がないと不安です。

「水さえ買えない」そんなことにもなりませんからね(汗)

 

ということで、今回はゴールデンウィークの銀行の営業やサービスについてまとめました。

 

スポンサーリンク


銀行はゴールデンウィークやってるの?やっていないの?

ゴールデンウィークに銀行がやっているかどうか・・・

 

結論から言うと「カレンダー通り」です。

 

土日・祝日は銀行はお休みです。

一般企業のように、4月の下旬、「昭和の日」あたりから5月5日のこどもの日や振替休日を含めた大型連休にはなりません。

 

銀行のお休みは、「銀行法」という法律で定められているんです。

銀行は、土日祝日と、12月30日から1月3日以外は営業しています。

 

年末は、「うっかり」もあるかもしれませんが、それ以外はカレンダー通りです。

 

実際に、今では手数料はかかりますが、コンビニなどを含め、ATMがあれば、お金を引き出すことは可能です。

 

土日祝日は、お金を引き出せる時間が、平日と違ったりすることもありますが、「何日もお金を引き出せない」という状況になる心配は、ほとんどありません。

 

ATM

 

銀行のATMでは、
  • 引き出せる時間
  • メンテナンス等はないか?
 

コンビニATMでは、
  • そのATMが自分の銀行に対応しているか
  • 引き出せる時間
  • メンテナンス等はないか
 

これらに注意しましょう。

ATMの取引開始画面などは、あまり注意して確認せずに飛ばしてしまいがちですが、

 
  • 取引可能時間
  • 取引手数料
  • メンテナンス情報
 

このような、大切なお知らせが表示されている場合がとても多いです。

日頃から、”画面はしっかり確認する”という習慣をつけておけば、慌てることはなくなります(^^)

 

インターネットがあれば、銀行のホームページでATMの情報は、分かりますので確認するのが一番です(^^)

「◯◯銀行 ATM 時間」「◯◯銀行 ATM  祝日」などで検索してみれば、詳しい情報が必ず見つかります。

 

振込する人は早めにしないとダメ!

現金は、ATMでなんとかなることが分かりました。

ですが、「振込」がゴールデンウィークの前後にある人は、要注意です。

 

「振り込み」はATMやネットバンキングで手続きすることができます。

 

でも、お金の移動が実際に行われるのは、基本的に銀行の営業時間内のみです。

ネット銀行同士などであれば、リアルタイムで反映してくれる場合もあります。

しかし、自分の口座と振り込み先の口座の銀行が違う場合などは、銀行自体が休業の日に、振り込み手続きができたとしても、それが反映されるのは、次の営業日です。

 

たとえば、2015年を例に見てみると、5月の連休はこんな感じです。

 

ゴールデンウィーク2015

 

憲法記念日の振替休日もあって、2日から6日まで銀行は5連休になります。

ということは、1日に振り込んでも、それが銀行の取り扱い時間外だった場合、相手に振り込みが完了するのが、7日になるということです。

 

ネットショッピングなどの場合、ペイジーなどの決済システムがあれば、即時に反映されます。

ですが、個人間の振り込みや、口座間の振り込み等の場合は注意が必要!

 

連休明けに引き落としがある場合などは、振り込み反映のタイミングと、引き落としが反映されるタイミングの時間差で、

 

「引き落としができなかった・・・」

「振り込みが間に合わなかった・・・」

 

となってしまう場合もあります。

こうなってしまうと、再度、引き落としの要請をしたりしないと行けないなど、面倒になってしまいますよね?

 

振り込みなど、予めわかっているお金のやりとりは、できるだけ早く余裕を持って行いましょう!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ