夏バテ対策!ウサギ編 ウサギの水分補給は水でいいの?

うさぎも夏バテになるってご存知でしたか?

 

うさぎも人間とおなじく、暑さ弱い動物です。

人間とおなじように、暑さに負けてしまい夏バテの症状が出ることがあります。

 

うさぎを飼っている人は、大切な命を守るために知っておくべきことがあります。

今回はうさぎを暑い夏から守るための知識と注意点についておつたえします。

 

スポンサーリンク


ウサギが夏バテになったときはどうすればいいか?

うさぎが夏バテになってしまうと、動きが鈍くなったり、食欲が落ちてグッタリしてしまいます。

毎日、うさぎの様子を見守っている飼い主であればすぐに気がつくレベルです。

 

「あれ、いつもと様子がおかしいな?」

 

と思った時には、すぐに動物病院へ連れて行ってあげましょう(^_^;)!

 

うさぎが夏バテになる原因として、室内の気温と水分不足があります。

 

どちらも人間とおなじですよね。

しかし人間のように暑ければエアコンを入れたり、服を脱いだりすることは、うさぎはできません。

 

あなたがしっかりと、うさぎの健康を守ってあげるべきなのです。

 

ウサギ

 

まずは、室内の温度についてアドバイスしていきます。

夏場は室内は非常に暑くなり、湿気がたまります。

 

窓をあけている程度では、暑くて仕方がないです。

扇風機を利用したところで、室温が低下することはないので、しっかりと冷房(エアコン)をつけてあげましょう。

 

気になるポイントとしては、エアコンの設定温度ですよね。

 

エアコン

 

おすすめとしては、27度~28度程度の環境にやさしく、人間にとっても過ごしやすい温度がおすすめです。

 

あまりにも、寒すぎる温度にしてしまうとうさぎの体調が崩れてしまうので、人間にとって、涼しいかな程度がおすすめです。

 

適温が一番です。

どれだけ暑いからといって、エアコンを強くすると反対に、暑さに弱くなっていくので、注意してくださいね!

 

外出するときには、エアコンの電源が切れないように、タイマーがかかっていないか?など注意してみておきましょう。

家族にも注意を促すことで、夏場に暑い部屋でうさぎを放置してしまい、取り返しの付かない状態になることを防ぐことができます。

 

夏バテになったウサギになにを食べさせるべきか

次は、うさぎになにを食べさせるべきか知っておきましょう。

 

夏バテになってしまううさぎは、水分不足になっているので、食事を牧草から、生野菜に変えてあげましょう。

 

牧草は水分が少ないので、生野菜がおすすめです。

 

ウサギ

 

うさぎは、水をしっかりと補給していても、体が求めている水分量よりも低い場合がありますので、水を飲むだけでは限界があります。

 

そこで、水分を多くふくむ生野菜がおすすめなのです。

うさぎに食べさせるといい生野菜は、以下のとおり!

  • パセリ
  • セロリ
  • こまつな
  • ブロッコリー
  • チンゲンサイ
  • にんじん
  • トマト
  • きゅうり

これらがおすすめです。

 

どれも水分とビタミンを豊富に含んでいる野菜ですので、そのまま綺麗に洗ってたべさせてあげましょう。

うさぎは、香味が強い野菜を好む傾向があります。

セロリやニンジンなどは喜んで食べるとおもいます(^^)

 

まずは数種類の野菜を食べさせてあげて、一番食付きがよかった生野菜を食べさせてあげれば、効率よく水分と栄養が補給できます。

 

そうすれば、夏バテを早く確実に治すことができます。

 

人間もうさぎなどの動物も、水分補給量が「体が求めているレベルまで摂取できていない」のが現状です。

 

うさぎだけではなく、飼い主であるあなた自身も、夏バテになってしまわないように、水分補給と栄養をしっかりと摂取してくださいね!

 

今年も暑い夏を、うさぎと共に乗り切ってください。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



“夏バテ対策!ウサギ編 ウサギの水分補給は水でいいの?” への1件のフィードバック

コメントを残す

このページの先頭へ