ハムスターも夏バテになる?症状は?水分補給のコツを紹介!

暑い夏からペットのハムスターを守ってあげましょう。

 

人間とおなじように、ハムスターでも夏バテをします。

夏バテをすると、最悪死に至ってしまうほどデリケートな動物です。

 

大切なペットと少しでも長く生活を共にするために、しっかりと知識と対策を理解しておきましょう!

 

スポンサーリンク


ハムスターが夏バテにならないための対策の重要性

ハムスターは暑さにも寒さにも弱いデリケートな動物です。

人間であれば、寒ければ毛布と衣類でカバーできますし、暑ければ衣類をぬいだり、クーラーで調節できます。

 

でも、ハムスターは自分の意思で室温を変えたりできませんし、小さなゲージに囲われているので、自由が制限されています(^_^;)

 

まずは、ペットの命は飼い主であるあなた(家族全員)で守るのだということを学びましょう。

 

ハムスター

 

どれだけ小さくても、人間とおなじ命です。

うっかりハムスターのお世話を忘れていたなんてことは論外です(汗)!

 

では、早速本題へはいっていきましょう。

 

まずは室温調整から!

ハムスターが夏バテにならないために、まずは室温を調節していきます。

 

ハムスターが快適に生活しやすい温度は20度~25度です。

秋や春ですと、このくらいの温度になることもありますが、夏や冬では無理ですよね

 

夏はしっかりとエアコンをつけて、室温を25度程度に保ってください。

扇風機をまわしても、窓をあけて空気を入れ替えても、実際には涼しくなることはありません。

風の通りがよくなるので、室温が多少下がる程度です。

 

それだけでは、まだまだ暑いです。

 

ですので、エアコンをしっかりとつけましょう。

あなたや家族が外出しているときは、小さな部屋でエアコンをつけてあげましょう。

 

小さな部屋ですと、エアコン代も少なくて済みますし、経済的です。

万が一エアコンが停止してしまわぬように、タイマー設定を解除して、ミスがないように細心の注意をはらっておきましょう。

 

こういったところで、ミスを犯してしまうと、ハムスターが暑さにまけて、命を落としてしまうことがありますので注意が必要です。

 

家族が全員でしっかりと、ハムスターの健康をまもっていきましょう。

室温は、エアコンの設定温度ではなくて室温計でしっかりと計測してあげましょう。

 

ハムスター

 

ハムスターの水分補給と暑さ対策について

ハムスターはのどが乾けば、勝手にみずを飲みますが、夏場は、のどが乾いてから水を飲むのでは遅いのです。

 

つまり、定期的にお水を補給しておかないと、体内の水分が足りなくなってしまうのです。

これは、人間もいっしょですよね?

 

ですが、ハムスターに「15分に1度はお水を飲みなさい!」なんて言えないですし、言ったところで、伝わらないですよね・・・(^_^;)

 

ですから、ボトル以外からも水を飲める環境をつくってあげましょう。

 

おすすめの方法として、ペットボトルを凍らせて、ゲージの中で立てかけておくことです。

 

このときに、注意するポイントは次の3つです。

  1. ペットボトルの大きさは1リットル~2リットル
  2. 凍らせるのは水でいい
  3. 絶対に倒れないように固定しておくこと

これだけをしっかり守ってあげましょう、

 

まずは、凍らせるペットボトルの大きさです。

ゲージのサイズにあわせて、適切なタイプを選びましょう。

 

大きなゲージであれば、大きなペットボトルでも大丈夫ですが、小さい場合には、500ミリリットルでも構わないです。

 

中身は、水道水を凍らせてくだけで構いません。

 

最後は、一番重要です。

絶対に倒れないように固定しておくことです。

 

倒れてしまうと、ハムスターが潰れて圧死してしまいます。

人間がしっかりとガムテープなどで固定してあげましょう。

 

ゲージの中に、凍らせてあるペットボトルを置くことで、結露した水分をハムスターが舐めて水分補給します(^^)!

 

結露

 

さらに、冷却効果があるので、ゲージ内がひんやりと涼しくなります(^^)

 

涼しさはあくまでも気持ち程度ですが、あるのとないのでは大違いです。

目的は、水分の補給になりますので、ぜひご活用ください!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ