夏バテに果物を食べると効果はある?おすすめフルーツ3種!

夏バテ対策に果物を食べると、効果があることをご存知ですか?

 

もう、暑い夏がやってきましたが、夏バテ対策はされていますか?

 

暑さに負けてしまうと、体調を崩してしまい、日常生活を送ることすら困難な状況になってしまうことがあります。

今回は、暑い夏に負けないための対策についてまとめました!

 

スポンサーリンク


夏バテ対策に果物が効果的な理由とは

夏バテを防ぐためには、食事からしっかりと栄養を摂らなくてはいけません。

 

そこでおすすめしたいのが、果物です。

 

あなたは普段から果物を食べていますか?

 

社会人になってから、果物を食べる機会が減ってしまう人も多いかと思います。

 

普段から栄養などを気にして、果物を食べている人よりも、食生活は食べたいものを食べたいだけ摂取している人のほうが多いですよね?

 

フルーツ

 

お酒なども飲む機会が増えますので、体にとって良い栄養を取る機会が少なくなります。

そうなると、栄養が偏り暑さに弱いからだになります。

 

果物には、豊富なビタミンとミネラルが含まれています。

果物から栄養を摂取することで、汗などと一緒に失われる体のエネルギーを、補うことができます。

 

果物といっても、なにを食べればいいかわからないですよね。

では、具体的な果物の名前をご紹介していきます。

 

夏バテ対策にどの果物を食べるべきなのか?

スイカ・柑橘系の果物・キウイフルーツ

この3つがおすすめです。

 

ますはスイカです。夏のフルーツといえばスイカを思い出しますよね?

スイカは、美味しさだけでなく栄養も満点です。

 

スイカ

 

スイカの90%が水分です、夏はどうしても水分不足になりやすいので、スイカを食べることで、夏バテの原因の水分不足を解消することができます。

 

更に、スイカにはbがありますので、体の代謝を整える効果があります。

夏バテになると、代謝が低下してグッタリしてしまいがちですが、それを抑えることができます。

スイカの食べ過ぎはお腹を壊すこともありますので、1日にスイカ半玉ほどを目安に食べましょう。

 

次に、柑橘系の果物です。

柑橘系であれば、何でも構いません。

好き嫌いがわかれるところだとおもいますので、オレンジでもいいですし、グレープフルーツでも良いです。

 

オレンジ

 

柑橘系には、ビタミンCがたっぷりふくまれています。

疲労回復効果があり、酸味が強いので食欲増進にも効果的です。

 

酸っぱい食べ物は食欲増進に効果がありますので

柑橘系以外にも、梅干しやレモンなどもおすすめです。

 

暑さに負けて、食欲が落ちていると感じた時には、柑橘系の果物を意識して食べるようにしましょう!

 

最後に、キウイフルーツです。

キウイフルーツを食べると、消化がよくなると言われております。

その理由は、アクチニジンという栄養素が関係しています。

この栄養素を摂取すると、肉など消化に時間がかかる食べ物をスムーズに消化するために役立つといわれています。

 

キウイ

 

夏は、暑い屋外や涼しい室内で過ごしますよね。

その寒暖差に胃腸がついていけずに、働きが鈍ってしまうと、腹痛や頭痛の原因になります。

 

そうなってしまうと、悪い方向へ進んでいくだけですので、キウイフルーツを食べて、胃腸の働きを活発にして、心も体も元気に保つ工夫をしましょう。

 

最後に

夏バテになる原因は、睡眠不足や運動不足も関係しています。

食事だけでは防げないこともあります。

 

夏バテになると、学校や仕事などへ行くのも辛くなります。

 

大切な夏を寝て過ごすハメにならないためにも、食事や睡眠や運動には、普段から適度にバランスよく取り組むように心がけてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ