七夕の由来を保育園児や幼稚園児に伝える!短冊の色と願い事の関係!

日本に古くから伝わる風習には、きちんと”由来””意味”があります。

 

幼稚園や保育園では教育の一環として、こういった古くから伝わる風習を、行事として行いますので、きちんとその由来や意味も一緒に伝えたいものですね。

 

今日は、日本でも古くから行われている「七夕」についてのお話です。

幼稚園や保育園のお子さまでも分かるように、簡単に紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク


七夕(たなばた)は何をする日?

願い事を短冊に書いて、笹に吊るして、お祈りする行事です。

また、笹で作った舟を作ったり、それを川に流してみる行事でもあるので、保育園や幼稚園では、短冊だけではなく、笹舟を作ると良いです(^^)

 

七夕は、地域によって”お祭り”が開かれます。有名なのは、仙台七夕まつりです。

これは、中国より伝わった”七夕伝説”と、平安時代に行われていた、日本の行事とが、融合してつくられたと言われています。

 

七夕まつり

 

また、七夕は8月7日にやるとしているところも多いようですね。

地域によっても異なりますが、月遅れ(旧暦)として行われています。

 

保育園児・幼稚園児にも分かりやすい七夕伝説とは?

七夕伝説に出てくる主人公は、おりひめと、ひこぼしです。

ここでは、簡単に七夕伝説を物語風にご紹介します(^^)このお話の流れを、頭に入れておけば、お子さんにもスムーズに説明できますよ!


おりひめは、毎日機織りをして、せっせと働く女の子でした。
ひこぼしもまた、毎日牛のお世話をするなど、立派な牛使いの男の子でした。

 

2人とも、仕事熱心で、それぞれの仕事を毎日きちんとこなしていました。

 

おりひめとひこぼしはやがて、結婚して二人仲良く暮らすことになりますが、
仲が良すぎたためか、二人は毎日遊んでばかり。仕事熱心だった二人は、
どこへいってしまったのか…、仕事はせず、毎日好きなことをして過ごしていました。

 

それを空から見ていた、おりひめのお父さんである、中国の神様が、
「仕事をしないのならば、離れ離れにする」と、とても怒りました。

 

おりひめと、ひこぼしは”天の川”をはさんで、離れ離れになってしまったのです。

 

仲の良かった二人は、今度は、離れ離れになってしまったことが悲しく、
仕事をすることが出来なくなりました。泣いてばかりの二人。
結局仕事をしないのならば…と、神様は二人に約束事をしたのです。

 

「きちんと働くのであれば、1年に1回、7月7日だけ会わせてあげよう」

 

こうして、二人は結婚する前のように、せっせと仕事に励むようになりました。
そして、1年に1回、7月7日だけは、二人仲良く過ごしたと言われています。

中国の乞巧奠(きこうでん)とは?

保育園・幼稚園の子どもには、少し難しいお話になりますが、現代に伝わる日本の七夕は、中国の「乞巧奠」(きこうでん)という風習が元になって生まれた習わしです。

 

中国の乞巧奠(きこうでん)は、この七夕伝説に由来していて、「機織り(はたおり)の上手なおりひめのようになれるように」と祈る行事だったんだそうです。

 

だから、今の日本の七夕でも、短冊を飾り、お願い事をすることになっています。

 

「たなばたさま」の歌詞には、”五色の短冊”が出てきます。

この短冊は、赤・黄・緑・白・紫(元々は紫ではなく、黒)の色であり、それぞれ、書く願い事が異なります。

 

七夕飾り

 

幼稚園や保育園では、園児に願い事を書いてもらうと思いますが、このとき、それぞれの色に合った願い事を書けるよう、保護者の方にも、色の由来を話してみると良いです。

 

ちなみに、


赤は「父母へのありがとうの気持ち」

黄は「友人関係」

緑は「自分自身の徳」

白は「義務や決まり事」

紫は「学業」


このように、色に合わせて、願い事をすると良いとされています。

 

意外と、知らない人も多いのではないでしょうか?

せっかくお願いをするのであれば、正しいお願いの仕方をした方がいいですもんね(^^)

 

以上が、幼稚園児や保育園児に七夕の由来を伝えるための、簡単なご紹介でした。

7月7日はまだ、梅雨だったりすることが多いです。今年は晴れてくれるといいですね(^^)

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ