制汗剤のおすすめはロールオンタイプ!正しい使い方をチェック!

夏は、脇汗をたくさんかく季節ですよね。

異性に、汗の臭いを指摘されるとショックですよね・・・(^_^;)

 

「うわ。。。汗くさいよ・・・・」と言われてしまえば恥ずかしくたまらなですよね。まさに生き地獄・・・

 

そこで、今年はしっかりと脇汗と臭いの対策をしていきましょう!

 

スポンサーリンク


制汗剤はロールオンタイプがおすすめ?

しつこい脇汗を予防するためには、制汗剤を使用するべきです。

「制汗剤は女子だけのもの?」と考えられがちですが、そんなことはないですよね?

 

男性でも違うべきです。マナーです。

 

そこで、ロールオンタイプの制汗剤をおすすめします。

 

そもそも、制汗剤さえ使ったことがない人からすれば、「ロールオンタイプ?」となってしまいますよね。

 

簡単にいえば、ロールオンタイプは塗りこむ制汗剤です。

ボールを脇にコロコロこすりつけることで、制汗剤が直接塗られる仕組みです(^^)

 

制汗剤ロールオン

 

普通は、スプレータイプの制汗剤を思い浮かべるかと思いますが、どちらも一長一短があるのでうまく使い分けをするべきです。

では、まずロールオンタイプのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

ロールオンタイプのメリット!

ロールオンタイプは、風呂あがりなど、脇汗をかいていない状態でつけることをおすすめします。

 

なぜかといいますと、ロールオンタイプの制汗剤には予防はできるけど、汗をかいてから塗っても、効果が期待できないからです。

 

脇汗予防をするときには、朝など汗をかいていない時間帯や風呂あがりが理想的です。

 

女性

 

間違っても、運動後にシャワーを浴びずに、つけたりするのはやめておきましょう。

ロールオンタイプなので、汗が付着してしまうと、逆に臭いが発生したり、衛生的にもあまり好ましくないので気をつけてください(^_^;)

 

ロールオンタイプのデメリット!

先ほどもお伝えしたように、デメリットは、「脇汗をかいてから使うことはできない」という点です。

 

もしも、脇汗をかいてしまったときには、スプレータイプの制汗剤を使用するべきです。

スプレータイプは、直接肌にあてることなく使えますよね?

 

ですから、衛生的にも安全ですし、脇汗をかきはじめてからも、即効性がありますので、夏の嫌な脇汗の臭いを防ぐことができます。

 

自分では、臭いに気がついていなくても、まわりの人間には臭っていることはあります(^_^;)

ウッカリとして、相手に不快な思いをさせてしまわぬように気をつけましょう!

 

ロールオンタイプの正しい使い方について

ロールオンタイプをしっかりと正しく使うためには次の方法をまもってください。

  1. 脇が清潔な状態で使用すること(お風呂あがりがおすすめ)
  2. 塗りこむ面積は、なるべく大きく(脇をはみ出すくらいの勢いで!)
  3. 塗りこんだあとには、10秒間ほど乾かすこと

この3つです。

 

第一に、清潔に肌を保っていることが条件です。

これを守らないと、臭いも発生しますし効果も薄まってしまいます。

 

次は、塗りこむ面積は脇をはみ出すくらいに大きく塗りこむことです。

脇には汗腺がたくさんあります。

 

思っている以上に小さく塗っていると、すべての脇汗と臭いを防ぐことができないことがあります。

そうなってしまうと、嫌な臭いを発生してしまう原因になりますので注意しましょう。

 

また、塗りこんだ場所は10秒間程度時間をおいて乾かすこともポイントです(^^)

乾かしたほうが、蒸れないですし、しっかりと効果を出すことができます。

 

最後に

意外と最初は「ロールオンタイプが使いづらい」という人がいます。

スプレータイプと比べれば、確かに面倒くさいかもしれません(^_^;)

でも、すべては慣れの問題です。

 

スプレータイプはたしかに、塗りこむ必要もなく簡単ですが、効果はロールオンタイプが上なので、ぜひ、状況に応じて使い分けをしてください!

 

男性でも安心して使うことができるロールオンタイプの制汗剤はこちらになります。

 
 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ