制汗剤が原因の黄ばみを落とす方法!昔ながらのアレが効く!

制汗剤に含まれる成分と、自分の汗、細菌とが化学反応を起こすと、”黄ばみ”が出来ます。

特に出来やすいのは、衿の部分と、脇の下です(^_^;)

 

黄ばみが出来た洋服をそのまま着るなんて、みっともないですし、気分的にもイヤですよね。

 

普通に洗濯して落ちるものもありますが、徐々にその黄ばみは残り、洗濯しても落ちない黄ばみになります。シャツや、Tシャツなど、トップスに付いた黄ばみを落とすには、どのようにしたら良いでしょうか?

 

スポンサーリンク


黄ばみを落とす方法

インターネットで検索すると、実にさまざまな方法が出てくるのですが、まず、試していただきたいのは、洗濯用の固形石鹸を使用する方法です。

 

多くのご家庭では、洗濯用洗剤は、粉末タイプや、液体タイプだと思いますが、頑固な汚れには、昔ながらの固形石鹸が良く効きます。

あまり馴染みのない商品ではありますが、根強い人気がありますので、近所のドラッグストアなどに行けば、必ず、手に入る商品です。

 

購入する固形石鹸は、「珪酸(ケイ酸)塩」が含まれている白い石鹸です。

 

ポピュラーなのは、ミヨシの「マルセル石鹸」です。

1つあたり、200〜300円程度の商品なのですが、制汗剤による黄ばみを落とすには、シンプルなアルカリ剤(ケイ酸塩)の石鹸が一番です!

 

その石鹸は良く泡立てて使用するのが、黄ばみ落としに有効なので、女性の方が日常的に使っているであろう、泡立てネットも一緒に購入します。

 

泡立てネット
 

男性の方は馴染みがないかも知れませんが、ドラックストアに売っている泡立てネットは、本来、洗顔の時などに使用するもので、モコモコの泡を作るのに便利です。

 

 

こちらを使用して、良く泡立てて、黄ばみが気になるところへ、泡で洗うようなイメージで洗います。

 

泡で良く洗えたら、一度、熱いお湯で良くすすぎます。

この時点では、黄ばみが若干薄くなっている程度かも知れませんが、二度洗いするので、大丈夫です。この時、良くすすぐことも大切なポイントです。

 

見た目的に良く落ちたからOK!ではなく、洗剤の成分が残らないように繰り返し繰り返し、良くすすいでください。

少量の洗面器の中でやるより、シャワーなども上手く利用するとすすぎやすいですよ(^^)!

 

二度洗い+漂白剤+お湯で黄ばみをやっつける!!

次に、二度洗いですが、同じように泡立てて行います。

 

二度目はもみ洗いです。

 

しっかりと、黄ばみのある部分をもんで、汚れをとっていきます。

 

黄ばみの正体は、汗の汚れや、古い皮脂ですので、それをここで、キレイサッパリ落としていきます。

もちろん、そのあとは、先ほどと同じように、充分すすいでください。

 

 

この方法だけでも、結構黄ばみは落ちると、口コミでの評判も高いですが、さらに、粉末の酸素系漂白剤を使用すると、より黄ばみが白くなります。

うちでは、ワイドハイターの粉末タイプを利用しています。

 

ハイター

 

使用する前に、熱い50〜60度くらいのお湯を用意して、1リットルに大さじ一杯ほど、酸素系の漂白剤を入れておきます。

 

 

その中に、先ほど、固形石鹸で洗った衣類を、つけ置きしていきます。

だいたい時間としては、1〜2時間ほどです。触れずにそのまま置いておくだけで、気になる黄ばみだけではなく、こびりついた臭いも落とすことができます。

 

あとは既に洗濯はしてあるので、脱水だけ洗濯機でかけて、干すだけです♪

 

洗濯物

 

手間は掛かりますが、こうすることによって、お気に入りのシャツや、Tシャツについた脇の下の黄ばみもキレイに落とせるかも知れません(^^)

また、お子さんの野球のユニフォームや、靴下など、そういった汚れも、この方法で落とすことができるので、ぜひ、試してみてください!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ