制汗剤がTシャツの黄ばみの原因になる?予防法は?

Tシャツの黄ばみの原因は、「制汗剤」にある可能性が考えられます。

制汗剤は、汗を抑えるためにするもの、臭いが気になる人は、女性・男性問わず、使っていると思います。

 

でも、その制汗剤が黄ばみの原因になるなんて、本当なのでしょうか?

 

スポンサーリンク


Tシャツの黄ばみ 制汗剤が原因なの?

Tシャツの黄ばみは、衿ぐりの部分や、脇の下に起こりやすいです。

 

黄ばみの起こっている場所が、制汗剤を良く付ける箇所ならば、制汗剤が原因になっている可能性は大いに考えられます。

 

ただ、制汗剤が黄ばみの原因になるかどうかは、あなた次第・・・。

 

どういうことなのか?というと、制汗剤自体には黄ばむ成分は含まれていません。

 

が、その含まれる成分と、あなたの体に付いている細菌が汗と混ざって、化学反応を起こしてしまうことがあるのです。

それが、制汗剤の黄ばみの原因です。

 

洗濯物

 

じゃあ何で”あなた次第?”と思うかも知れませんが、人に付く細菌には、いろいろな種類があります。

人によって、持っている細菌が異なるのです。

 

同じ制汗剤でもAさんは黄ばむ、Bさんは黄ばまない、そういうこともあるのです。

 

制汗剤は、汗を抑えるもの、臭いを抑えるものとして作られていて、体に付けることが想定されています。

そのため、黄ばむ成分を入れることは、製品的にもありえないことなのです。

 

なので・・・あなたと制汗剤の”相性”次第なんです。

 

制汗剤の種類を変えれば、黄ばまなくなることも考えられますが、制汗剤をいろいろ変えてみても、黄ばんでしまうケースも多いです。

 

Tシャツに出来る黄ばみを抑えるには?

汗が気になる、臭いが気になる、黄ばみの原因になる可能性があるとは言え、「制汗剤が手放せない!」という人も多いと思います。

 

そんな方には、「下着」をTシャツの下に着る方法がおすすめです。

男性の方は特に、下着を着ることってあまりないかも知れませんが、Tシャツの下に下着を着れば、ある程度、Tシャツへの黄ばみは防げます。

 

着用する下着は、安いものでも構いません。

黄ばんでしまうことも考えられるので、安い下着を購入するようにして、毎日取り替える、黄ばんだら変える、と頻繁に交換しましょう!

 

男性

 

こうすれば、制汗剤を使用したまま、黄ばみだけを防ぐことが出来ます。

 

お気に入りのTシャツに付いた黄ばみを落とすのは凄く大変です。

お気に入りのTシャツなのに着ることをためらってしまったり、着れなくなってしまったり・・・

それでは、ガッカリですよね。

 

なので、下着を着用する方法でまずは、対処してみてはいかがでしょうか?

 

ラプカルム
 

もはや定番?ベビーパウダーで黄ばみを防ぐ!

また、さらに効果的にTシャツに黄ばみが響かないようにするための方法をご紹介します(^^)

着用する下着の黄ばみが出来そうな部分、衿ぐりや、脇の下に、赤ちゃんが使用するベビーパウダーをはたいておいてください。

 

ベビーパウダー 

 

 

ベビーパウダーには、汗や油脂を吸収するはたらきがあります。

 

そのため、黄ばみが気になる部分にはたいておくだけで、ベビーパウダーが細菌や汗を吸収し、黄ばみの原因となる化学反応を起こりにくくしてくれます。

 

ちなみに、ベビーパウダーはドラッグストアに行けば売っています。

 

本来は、赤ちゃんに付けるものなので、ベビー用品コーナーや、ボディークリームのあるあたりにあるかと思います(^^)

 

どちらも安く購入できるものですので、ぜひ、今年の夏は、下着を着る方法、そして、ベビーパウダーをはたいておく方法の2つで、制汗剤が原因の黄ばみに対応してみてください。

 

汗や臭いを抑える制汗剤を使いながら、黄ばみに対処出来るおすすめの方法です。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ