愛車をより高く売るコツ!洗車はしてはいけない?

今まで、色んな所へ出かけた思い出のある愛車・・・

 

車に乗らなくなったから・・・

車を買い換えるから・・・

 

こんな理由で、手放す時がやってくると思います。

 

実は、私、先日車を売りました(^^)!

 

その際に、ある買い取り専門店の方に、かなり色々聞いたので、その中でも、「車を高く売るコツ」についての部分をお伝えしたいと思います。良かったら参考にしてみてください(^^)

 

スポンサーリンク


車の下取りをディーラーに出してはいけない!

今回、私が車を売った先は、「買取専門のディーラー」です。

 

ガリバーラビットと聞けば、ピンとくる人が多いのではないでしょうか(^^)?

以前からCMで、みたりネットでみかけたりしていたので、今回は思い切って専門店に査定をお願いしました(^^)

 

買取専門店がいい理由!

まずはじめに、車の下取りは、余程の理由がない限り新車ディーラーに売らないほうがいいです(^_^;)

新車ディーラーに売るのであれば、自動車の購入と一緒に手続きができるので、楽ではありますが、査定額は低いです。

 

査定額には、”相場”があります。中古車の流通相場が、車種、型式、年式、色などで決まっています。

これが、中古車下取りの最低価格。

 

107382

 

新車ディーラーは、この相場どおりに車を買い取る傾向が多いのです。

というのも、新車ディーラーは、「新車を売るのが仕事」です。中古車を下取りするのは、”ついで”であって、ほとんど利益にならないそうです。

 

だから、新車の値引きはしても、下取り価格は頑張らないのです。

 

新車の購入時でも、下取り価格には期待できません。

「単に車を売りたい」というあなたは、新車ディーラーに売却するべきではありません。

 

115305

 

一方、買取専門店は、「下取りが本業」です。

自社工場をもっていて、車の傷の修理やクリーニングを行って中古車を販売する会社もあれば、買い取った車をさらに、オークションに出して売却して利益を得る会社などがあります。

 

そういった、会社にとって「下取り」は利益のもとになります。

車種によっては、オークションで人気があったりすると高く売却できるので、むしろ「なんとか売ってください」という場合もあるんです。

 
  • 新車購入の頭金にするために車を売る
  • 単純に車を売る
 

どちらの場合も、買取専門店に査定してもらった時のほうが、新車ディーラーに比べて買取金額が高くなります。

 

査定してもらうなら一括査定!

そして、買取専門店に査定をしてもらうなら、複数の会社に査定してもらうのが王道です。

 

そう、「競合させる」んです(^^)!

 

ネットなどで、「一括査定」という文字を見たことはありませんか?

それを使って申し込むと、10社以上からオファーがきます。

 

デメリットとしては、一括査定に登録している買取店から、めちゃくちゃ電話がかかってくるということでしょうか・・・・(汗)

 

ですが、それだけ「買い取りたい」ということでもありますよね。

 

査定は、無料で自宅などにきてくれる(出張査定というやつ)ので、待っているだけで楽ちんです。

 

そして、買い取り専門店の営業マンさんの、揺さぶりに耐えて、5社程度は査定を実際に受けましょう。

 

136581

 

「営業マンの揺さぶりとは?」と思うかもしれません。

いわゆるセールストークのことです(^_^;)みなさん、「即決してもらおう」と頑張ってきます。

 

「価格は変動するので、明日になると保証できない」

「この価格は、どこに査定出しても限界ですよ」

「今日だったらこの価格で買い取ります」

 

などなど、なんとか自分の所に売ってもらおうと、アレコレ言ってきます。

 

ですが、そこはグッと我慢です。

 

私の場合、一社目で70万円を希望していましたが、60万円が限界でした。

それも、「今日決めてくれるなら」という条件付きです。

 

ですが、2社目では、一発目で「75万円」でした!

驚きです。3社目は一発目の回答は「70万円」とのことで、一社目をやり過ごすだけの価値が十分あったのです。

 

必ずしも、1社目が一番安いとはいえませんが、いきなり不安になって、「少し安いけどいいか・・・」と決めてしまわないほうがいいですよ!

 

希望下取り価格をしっかりと持とう!

下取り価格は、「相手の言った額で、満足したものを」ではなく、

 

「自分で◯◯万円以上じゃないと売らない!」

 

というくらいの気持ちで、自分の中でしっかりと希望額を決めておきましょう。

とは言え、あまり希望を高くすると「ふっかけてきてる」と思われて、買取業者に呆れられて、手を引かれてしまいます。

 

自分の中での、買取価格の目安の決め方としては、

 

中古車販売店で売られている、自分の車と同じ中古車の価格を見て判断する。

 

というのが、あまりにも的はずれな金額になったり、安く言いすぎて損したりしないためのポイントです。

 

パソコン

 

中古車販売店のサイトなどで、自分の車と同じ車種をみつけたら・・・

  • 年式
  • 走行距離
  • オプション装備

これらが、一番自分の車の状態に近い車を探しましょう!

 

そして、その車の販売価格から、30万円〜40万円引いた金額を、希望価格の目安にしてみてください。

 

例えば、自分の車と状態も似ている車(もちろん同一車種)が100万円で、販売されていたら、

 

60万円〜70万円くらいが希望価格の目安になります。

30万円マイナスするか、40万円マイナスするかは、あなたのお好みで(^_^;)

 

一社目の査定の時に、どこまで希望価格に迫れるかというのがポイントに成ります。

もし、「60万円」という回答が来たら、「70万円」も無理ではないかもしれません。

 

複数の会社から、査定を受けることで、「このぐらいかな?」という妥協点が、より明確になってきますよ!

複数の査定を受けるメリットは、こんなところにもあります(^^)!

 

10万円位は、平気で変わるので、「一括査定申込み後の電話攻撃」にも耐えるだけの価値はあります。

 

査定前の車の洗車はしても意味が無い!?

それでは最後に、よく聞く「査定前には洗車をした方がいい」という話の真相について。

 

今回、私は査定前に、ガッツリ洗車していきました。

そして、査定に望んだのですが、私は気になったので

 

「やっぱり、査定の時って車はきれいな方がいいんですか?」

 

と聞いてみました。

 

すると、営業マンの方は、

 

「何の意味もありませんよ!私達が見るのは、汚れではなく傷などです。」

「洗えば落ちる汚れは、査定額には影響しませんよ。むしろ、少し汚れている位の方が、小さい傷が隠れて良いかもしれないですよ(笑)」

 

と返答。

私、撃沈です。

 

「ネット見ると、『査定の前には洗車しろ』なんて書いてありますけど、私達から見たら笑っちゃいますよ。」

 

と、さらにたたみかけられたのは、ショックでした・・・

 

この、話は全ての買取店に通じることではないかもしれません。

 

でも、

 

「見ているのは傷」

「普通に汚れているのは洗えば落ちるから、査定額は汚れで左右されない」

 

という点は、かなり納得できるのではないでしょうか?

 

傷は、買い取った後修理する必要があります。

そうすると、買取店に負担がかかるので、利益が減ると言えます。

 

それにくらべたら、洗車なんかなんでもありませんもんね(汗)

査定の日にキレイでも、引取の日に汚れている事もあるわけですから(笑)

 

以上が私が実際に、車を売った体験から得た情報です(^_^;)

参考になれば幸いです。

 

 


あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ