制汗剤が黄ばみの原因って本当?本当に役に立つ対策は?

TシャツやYシャツ、脇の部分に黄ばみが出来る原因は、使っている”制汗剤”にあるかも知れません。

男性はもちろん、女性も、クールビズが最近のスタンダードになりつつありますから、シャツの脇のシミや黄ばみは、放おってはおけませんよね(^_^;)?

 

制汗剤は文字の通り、”汗を抑えるもの”です。

でも、その制汗剤がなぜ、黄ばみの原因になるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


制汗剤の使用で黄ばみが出来る?脇の下の黄ばみを抑えるには?

制汗剤には化学成分が含まれています。

その化学成分が細菌に効くため、ニオイや細菌を抑えられます。

しかし、黄ばみの原因はこの”化学成分”にあります。

 

私たちの脇には、いろいろな細菌が付いています。

ニオイが気になる人はもちろんのこと、ニオイが気にならない人も、常に存在する、”常在菌”と呼ばれる菌がついているんですね。

 

これが、制汗剤に含まれる化学成分によって分解されると、そこにある汗、皮脂を混ざり合い、衣類に付着してしまいます。

これが衣類の変色、Yシャツ、Tシャツの脇の下の黄ばみの原因になります。

スプレー

一般的な汗、皮脂汚れとは違い、既に化学成分によって分解されるため、この黄ばみ汚れは非常に細かく、落ちにくい頑固な汚れとなってしまいます。

 

でも、制汗剤を使用しないのは不安という方も多いと思います。

YシャツやTシャツは黄ばんで落ちないのなら買い換えれば良い、とにかく脇の下のニオイを何とかしたい!という人もいると思います。

 

そういった方にまず、おすすめする方法は制汗剤を変えることです。

 

制汗剤を変えると黄ばまなくなる可能性がある?

ドラッグストアに行くと、それこそ、何十種類もの制汗剤がありますよね(汗)

きっと、お気に入りの一本もあるかと思いますが、制汗剤は化粧品などと同じで、肌に合う、合わないがあります。

 

というのも、黄ばみの原因になっている常在菌というのは、人によって、その菌の種類や、数がさまざまあり、使っている制汗剤との相性があります。

 

あなたの肌にある常在菌との相性が悪く、黄ばみが出来ている可能性も考えられるのです。

 

そのため、まずは、制汗剤の見直しを行ってみてください。

 

ただしこれは、あくまでも”可能性”の問題になります。

別の制汗剤に変えても、黄ばみが出来る可能性は充分にありますし、それを試すには、たくさんの制汗剤と、お金と時間が掛かることもあります。

 

ラプカルム
 

じゃあ、どうすれば良いの?黄ばみが出来ない制汗剤の使用方法

汗

おすすめは、「汗脇パッド」と「制汗剤」とのダブルケアです。

 

衣類の内側に貼るタイプの汗脇パッドを使用すれば、衣類に細菌が付着することもないので、ある程度の黄ばみは抑えることが出来ます。

 

ただ、汗脇パッドの使用だけですと、ニオイにはあまり効きません。

もちろん、使用することによって、汗の吸収力が高まり、ニオイの原因となる細菌の繁殖を抑えることができますが、制汗剤にはやはり負けます。

 

ですので、おすすめは、制汗剤とダブルで使用する方法になります。

制汗剤を脇に付けつつ、汗脇パッドも使えば、ニオイと黄ばみはだいぶ抑えられるかと思います。

 

また、やっぱり自分に合った制汗剤選びは重要になってくるので、使用する制汗剤は、いろいろ試して、お気に入りの一本を見つけるべきですね(^^)

 

最近では、インターネットの通販でしか購入出来ない制汗剤もあり、人気があります。

余分な汗を抑える効果、そしてニオイを抑える効果が市販品より強く、肌にやさしいものが多いので、こちらと併用する方法がおすすめです。

 

衣替えの季節を迎え、夏服になると、クールビズの影響もあり、よりシャツの黄ばみや、脇の下のニオイが気になる時期になります。

人に「臭い!」「あの・・・、脇が・・・」などと言われる前に、自分で出来る限りの対処はしていきたいですね。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ