静電気対策!格安でできる手作りスプレーで冬も花粉も快適に!

あっちで「パチッ!」、こっちで「ピシッ!」

 

冬場の静電気は、本当に厄介です(汗)

車に乗り降りする時、レジでお会計するとき、街なかでティッシュをもらったりするとき、容赦なく静電気が発生します(汗)

「痛い」というのもありますけど、あの「ドキドキ感」がイライラしますよね(^_^;)

 

それに、静電気って冬に限ったものでもなく、花粉の季節は衣服に花粉を吸い寄せてしまうので、それはそれで厄介・・・

 

静電気除去リングとか、キーホールダーで効果を感じたことないし・・・という人も多いのではないでしょうか?

 

また、静電気防止スプレーは肌に合わなかったり、量が少ないのですぐになくなってしまうといった不満もあると思います。

そこで、今回は格安で簡単に手作り出来る、静電気防止スプレーを2種類紹介したいと思います。

どちらも、簡単にできるものなので、ぜひ静電気が気になる方はチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク


お洗濯のついでに吹きかけて効果あり!大容量の静電気防止スプレーの作り方!

まずは、洗濯物を干す時に使うのがオススメで、簡単に大量に作れるスプレーの作り方をお伝えしたいと思います!

 

用意するものは3つ!

 
  • グリセリン
  • スプレーボトル
 

今回の主役は、グリセリンです!

グリセリンは、ドラッグストアなどで購入できます。グリセリンは、薬の一種で皮膚のひび割れやあかぎれの治療に効果があるものです(^^)

グリセリンは、一種の石油ですが、保湿性・吸湿性が優れているので、化粧水に使われていたりもします(^^)

 

さて、肝心の作り方ですが、

 

グリセリン1に対して水10の割合で混ぜるだけです。

要は、10倍に薄めるということですね(^^)

 

スプレーボトルを100均などで用意して、スプレーボトルの容量から計算して水と混ぜるだけです。

スプレーボトル

グリセリンと水の割合は、

 

グリセリン10ml:水100ml

グリセリン30ml:水300ml

 

といった感じですから、難しいことはないと思います!

洗濯物に噴きかけるので、一気に500ml位は作ってしまってもいいかもしれません。

 

グリセリン45ml:水450ml

 

で合計495mlって感じです。たっぷり作って、洗濯物を干す時に、良く吹きかけましょう!

グリセリンは、アレルギーの心配も少ないので安心です(^^)

 

家にあるものでできちゃう!携帯にもピッタリの静電気防止スプレーの作り方!

次は、少量作るのに向いていて、携帯用にも便利なスプレーです!

用意するものはこちら(^^)/

 
  • リンス
  • スプレーボトル(50ml)
 

これらの3つです。リンスは、あの髪を守るあのリンスです!特別なものではありません。

スプレーは、握るタイプではなく上から押すタイプがいいです(^^)

スプレーボトル

作り方もとても簡単!

 
  1. スプレーボトルに水を入れる。
  2. そこに、リンスを5滴程度入れる
  3. スプレーの蓋を閉じて、よく振る。
 

たったこれだけで、完成です(^_^;)

 

こちらは、たくさん作るのには向いていませんが、逆に携帯用として使うのにはピッタリの量です。

外出時に静電気が、気になる場合に衣類に吹きかければOKです。

 

最初に紹介したグリセリンのタイプも効果がずーっと続くわけではないので、併用するのがオススメです(^^)

 

どちらも、簡単!安い!肌にも優しい!と三拍子揃っていますので、ぜひ試してみてください!

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ