カーネーションの花言葉!母の日に贈ってはいけない色を簡単解説!

母の日といえば、「カーネーション」が書かせませんよね!

 

真っ赤で、力強く、そしてどこかしなやかな感じのするカーネーションは、お母さんによく似合います(^^)

また、そこまで高価なお花ではないので、お子さんや学生さんもプレゼントに気軽に購入できます。

 

最近では、カーネーションも様々な色のバリエーションがあります。

それを知らずに、お花屋さんに行くと、「赤だけだと思ってたカーネーションのカラフルさにビックリ!」ということになるかもしれません(汗)

「こんな色もあるんだ〜!たまには、こんな色にしようかな!」といつもと違ったカーネーションを選ぶことになるかも!

 

でも、カーネーションは色によっては「お母さんにはあげるべきではない色」もあります(^_^;)

 

同じカーネーションでも色によって「花言葉」、つまり花の持っている意味がぜんぜん違ってくるのです!

今回は、「カーネーションの色と花言葉」についてまとめました!

スポンサーリンク


カーネーションの花言葉!お母さんに贈ってはいけない色は?

まずは、母の日に贈ってはいけない色をご紹介します!

お母さんに送るべきではない色は・・・

 
  • 黄色
 

この2色は、「お母さんが、大好き過ぎてたまらない色」でなければ、避けたほうがいい色なんです(汗)

 

黄色のカーネーションの花言葉は・・・

 

「軽蔑」

 

です・・・。

なんということでしょう(^_^;)自分を育ててくれた母親に向かって、軽蔑の意思を示すなんてことは絶対に避けたいですよね(汗)

 

また「白」のカーネーションですが、花言葉は・・・

 

「尊敬」

「純潔の愛」

「私の愛情は生きている」

 

花言葉としては、特に問題ないように思えるのですが、「母の日発祥の国」といわれるアメリカでは、白いカーネーションは、亡くなったお母さんへ捧げるものとされています。

日本でいうところの、菊のような存在ですね。

墓前に、お供えするのであればいいのですが、元気に頑張っているお母さんにはちょっと・・・ですね(^_^;)

 

やっぱりコレだね!お母さんにピッタリのカーネーションの色!

では、母の日に是非とも送りたいカーネーションの色をご紹介!

その色は

 
  • ピンク
 

他にも色はありますが、この3つが特にお勧めです!赤のカーネーションが一番人気ですが、ピンクや青を混ぜたり、「青だけ」でまとめてみたりするのも、いつもの母の日とは違った感じがしていいのではないでしょうか!

それぞれの花言葉はこんな感じです!

 

【赤】

「母の愛」

「愛を信じる」

「熱烈な愛」

う~ん!どれをとってもステキです!「LOVEママ!」の気持ちを伝えるのにはベストな色と言えますね!

 

【ピンク】

「感謝」

「上品・気品」

「暖かい心」

「美しい仕草」

こちらも、最高!!母の日は、お母さんへの感謝の気持ちを伝える日ですから、「赤だけではつまらない!」と考えているあなたは、赤とピンクを織り交ぜてプレゼントしてみるのも良いですよね(^^)!

赤とピンクは同型色ですから、お花屋さんにお願いすれば素敵な花束が出来るはずです!!

 

【青】

「永遠の幸福」

青は、自然のカーネーションの色ではありませんが、日本の企業などの研究によって誕生した、いわば新色です(^^)

そこまで馴染みがないかもしれませんが、だからこそ「意外な変化球」としてプレゼントするのもありですね!

プレゼントする時に、

 

「この、青のカーネーションには「永遠の幸福」という花言葉があるんだ。お母さんには、いつまでも幸せでいてほしいからね。」

 

なんて、言ったらお母さん涙が止まりませんよ!

ちょっとキザなセリフですけど、一言メッセージを添えるのもいいですね(^^)

 

最後に

以上が、母の日に贈るカーネーションの「いい色・悪い色」についてでした。

 

もしかしたら、花言葉を知らないお母さんもいらっしゃると思います。

ちなみに、うちの母は知りませんでした(笑)

 

今年の母の日には、花言葉も添えてプレゼントするとクールじゃないでしょうか(^^)/

母の日には、ぜひ「ありがとう」の気持ちをお母さんへ!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ