梅雨入りの平均!雨の京都もステキだけれど晴れがいいよね!

2014年の京都の梅雨は、例年よりも少し早く訪れました。

その年の京都の梅雨入りの日にちは、6月3日頃です。

 

1951年〜現在までの梅雨入りの日にちを考えると、京都の梅雨入りの平均は6月7日となっているので、約3〜4日早かったことになります。

 

また、2014年の京都の梅雨の時期の平均降水量はかなり少なく、比較的、梅雨の中でも過ごしやすい年ではありました。

 

が、2015年はまだ分かりません。

京都の梅雨入りの平均から、予想してみることにしましょう!

また、京都に限らず梅雨の時期は、体調を崩しやすい時期でもあります。

 

今回は、梅雨に負けない生活習慣についてのコツもまとめました。参考にしてみてください(^^)!

スポンサーリンク


京都の梅雨入り いつからはじまる?

先ほども少し紹介した通り、平均の梅雨入りは、6月7日頃。梅雨明けは、7月21日頃となっています。

 

これは、京都も含む、近畿地方の梅雨入りの平均なのですが、だいたい、夏休みに入る手前くらいには梅雨が終わる感じです。

今年もだいたい、平均くらいの6月7日〜7月21日頃の予定で、梅雨が訪れるでしょう。

 

また、昨年度は平均の半分くらいの雨しか降りませんでしたので、梅雨入り、梅雨明けの日にちよりも、今年も去年同様、雨が少ないことを、期待したいところですね。

 

特に京都は、観光名所も多く、旅行に訪れる人も多いです。

しかし、お寺など、徒歩で”観て回る”観光地の多い場所なので、京都に旅行するならば、梅雨の時期は出来るだけ避けたいものです。

京都のあじさい

雨の京都も、それはそれでステキなのですが…

遠方から来られるのであれば、梅雨入り、梅雨明けの平均を見て、この時期を避けた日取りでの旅行をおすすめします。

 

梅雨に気を付けたい生活習慣の乱れ

梅雨の時期は、いつもの時間に起きると

 

「あれ?まだ早い?」

 

なんて勘違いしてしまうほど、天気が悪く、暗い日がありますよね。

つい二度寝して遅刻してしまった…!なんて経験のある方もいるのではないでしょうか?

 

梅雨は体内時計のリセットが上手くできなくなる

人の体内時計は、日光を浴びることによって、リセットされます。

この体内時計は人によって個人差があり、平均的にみて、24時間〜25時間ほどでリセットされるようになっています。

が、これが梅雨の時期になると、リセット出来なくなる人が続出します…。

 

梅雨の時期、体調が崩れる人がたくさんでてしまいます。

 

これは、天気によって、普段は何気なく行えている、体内時計のリセットが上手く、リセットできなくなることが要因の1つだと言えます。

 

日光を10分程度浴びる、これが一番のリセット方法ですが、朝からシトシト雨の降る日は、どう頑張っても、日光は充分に浴びれません。

 

そんな時は、家の中の電気を見るのも1つの方法です。

私は梅雨の時期に限りませんが、天気の悪い時には、部屋の電気を付け、その灯りで体内時計のリセットを行っています。

 

また、朝食を9時頃までにしっかりと食べることや、軽い運動をすることも、体内時計のリセットに大きく関わってきます。

 

目覚まし時計

 

梅雨は、規則正しい生活をより意識しよう!

現代の人は、慢性的に運動不足だと言われています。

また特に若い世代の方は、朝食を抜いて学校に行く、会社に行く、というのが当たり前になっている人も多いようです。

朝ごはん

 

これに梅雨が加われば、体調を崩してしまうのも仕方がありません…。

 

出来る限り、朝食は少しでも摂る、毎日少しずつの運動は欠かさないなど、自分の中でルールを決めながら、実践していくと良いと思います。

 

こうすることによって、天気に左右されない体を作ることができます。

 

もちろん、気圧が低下するなど、他の要因も考えられますが、体内時計のリセットをきちんと行うことは、生活習慣の乱れをなくすことにも繋がり、梅雨の時期でも、調子が崩れにくくなります。

 

自分で気をつけられることには、気をつけて、梅雨に負けないようにしましょう!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ