会社の運動会はどのような服装がおすすめ?一番に気をつけることは?

運動会は子供だけでなく、大人になってもあったりしますよね(^^)!

 

例えば会社が開催する運動会です。

会社で開かれる運動会ですから、強制参加になったりします(汗)

でも、今の時代そういったイベントがある会社も多くはないので、あなたがお勤めの会社で運動会があるなら、貴重な会社かもしれません!

 

でも、

 

「日頃の運動不足が、怖い・・・」

 

なんていう人もいるかもしれませんよね(^_^;)

楽しく会社の運動会に参加するためにちょっとしたコツをまとめました!

 

会社の運動会は第一に「楽しむ」ことを考えていきましょう!

 

スポンサーリンク


会社の運動会はどのような服装で参加するべきか?

 

運動会は基本的に動きやすい服装であれば問題はないでしょう。

ジーンズにTシャツですと、運動はできないのでジャージやスウェットなどがおすすめです(^^)

 

冬用のジャージですと、どうしても暑くなってしまうので、着用するジャージは夏用の通気性が良いものを選びましょう。

見た目もやはり大切ですよね。

 

「10年前に購入したジャージを持っているから・・・」

 

と考えるのはやめたほうがいいかもしれません(汗)

ジャージもデザインがどんどん新しくなっているので、古すぎると「あまり良くない意味」で注目の的になる可能性があります(^_^;)

 

会社の運動会などでは、新し目のジャージを着るほうが見た目も良くなることでしょう。

 

ジャージ

 

おじさんになると、外見を気にしなくなりますが、若者にとって服装は非常に重視するポイントです。

 

実際には仕事に何ら関係がなくても、服装は綺麗にかっこ良さを意識していたほうが、部下や同僚などからも、好かれることは間違いないです!

間違っても、高校のときのジャージを着て会社の運動に参加することはやめてくださいね(笑)

 

久しぶりの運動で怪我には気をつけましょう

会社の運動会へ参加する服装を決めたあとには、いよいよ競技になります。

久しぶりに運動をするでしょうから、無理をすると絶対に怪我をしてしまいます。

 

怪我をすると、仕事にも影響が出るとおもいますので、準備運動だけでなく、事前に体を動かしておくクセをつけるべきだといえます。

 

社会人になってしまうと、運動をする機会は少なくなってしまう人が多いと思います。

 

肥満になったり、病気になったりする原因も運動不足からくる、生活習慣病などが関係しています。

どれだけ忙しくても、健康を害してしまうと意味がありません。

 

それは運動会も同じで、怪我をすると楽しい思い出にならないので注意が必要です。

 

会社の運動会で怪我をしないために気をつけることは次の3つです。

 
  • 自分が出来ない競技には参加しないこと
  • 全力を出さないこと
  • 準備運動を入念におこなうこと
 

これだけ守ってください。

 

自分が出来ない競技に無理して参加すると怪我をしやすいです。

リレーのランナーになったりすると、どうしても応援されるので本気になってしまいますが、つい無理をして、転んで骨折でもしたら大変ですよね。

 

カッコ悪いうえに、運動会を台無しにしてしまうので気をつけてください。

 

どうしても、「自分の全盛期のイメージ」で身体を動かしてしまいがちですが、今の自分と向きあいましょう(^_^;)

 

怪我

 

次に全力を出さないことも大切です。

まわりから見て、あからさまに分かるほど力を抜くのではなくて、7割程度のちからで走ったり投げたりするべきです。

 

最後に、準備運動をしっかりと行うことです。これは基本です。

競技前にしっかりと準備運動をして体をほぐすことはもちろん、日頃から自宅でストレッチをしたりする習慣をつけておけば、さらにGoodです(^^)!

 

怪我だけでなく、熱中症にも注意するべき!

最後に怪我だけでなく、熱中症にも注意するべきです。

怪我以上に怖い存在です。無理をしていなくても熱中症になる可能性があります。

 

熱中症は、「水分補給をしていれば問題がない」と思われていますが、体温が上昇すると、水分を補給していても関係なく熱中症になることがあります(汗)

 

日差し

 

熱中症は、倒れてしまうだけでなく命を落とす危険もあります。

甘く見ていると痛い目にあってしまうので、注意してください。

 
  • 水分補給を忘れないこと
  • 直射日光をなるべく避けること
  • 食事で栄養を吸収すること
 

この3つは守ってください!

水分補給をこまめにおこなって、直射日光をなるべく避けておくことがなによりも大切になります。

 

会社の運動会で怪我なく楽しい思い出にしてくださいね!

 


あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ