運動会の服装!親もジャージで参加するべき?おすすめの服装は?

お子さんの運動会に参加するときに、

 

「どのような服装で参加すればいいか?」

 

こんなふうに迷ってしまうことってありますよね(^_^;)

運動会といえど、自分が走るわけでもないですし、どのような服装でもいい気がしますが、場違いな服装でいくと恥ずかしい思いをしてしまうので適当に決めるわけにもいかないですよね。

 

運動会はどのような服装で参加するべきか?ジャージはどうか?

運動

 

運動会シーズンは春~夏~秋です。つまり寒くはないということです。

当然ですが、外で運動ができるほどですから暑いです。

 

直接、太陽の光が当たるので熱中症になることもあります。

ですから、体温調節が難しい服装で運動会へ参加すると、体調を崩してしまうことも考えられます。

そうなると、無難にジャージやTシャツなどがおすすめになります。

 

運動会にジャージ姿やTシャツ姿で参加しても浮いてしまうことはありません。

むしろ、場の雰囲気に馴染んでいるのでまわりの目を気にする必要はなくなります(^^)!

 

スポンサーリンク


恥をかいてしまう服装だけは気をつけるべきです!

運動会で恥をかいてしまう服装だけはきをつけましょう。

 

例えば、ムダに着飾ってくるのは最悪です。

 

子供が主役の運動会で、親が張り切った服装で参加すると、子供にとって恥ずかしい思い出になるのでやめておきましょう。

小学生程度のお子さんですと、まだまだ周りの同級生にいじられると思いますので、無難な服装で参加することをおすすめします。

 

着飾ってしまうと、どうしても体温調節できなかったり、服装が汚れてしまうことを気にして、しっかりと応援できないことがあります。

ジャージやTシャツで無難に参加するべきです。

 

応援

 

運動会を行う会場が、グランドなどですと砂や土のうえになるので、足元にも気をつけておかなくてはいけません。

動きやすい服装だけでなく、履物にもしっかりとこだわるべきです。

サンダルや運動靴などであれば問題はないかとおもいます。

 

運動会で自分が熱中症にならないように気をつけよう

夏バテ

意外な事実ですが、運動会で熱中症になる人は子供よりも大人のほうが多いと言われています。

理由はそれぞれ違うと思うのですが、水分補給をしっかりとおこなっていなかったり、太陽光を避けることを忘れていたりすることが多いようです。

 

中でも、子供の晴れ姿を写真やビデオに残すために、何時間も太陽の下でビデオカメラをまわしている、お父さんはとくに注意が必要になります。

 

なぜかというと、自分の体調を考えずに、子供の写真をとることばかり考えてしまうからです。

 

「暑さや喉の渇きを我慢しながら撮影を続けて、気がついたら病院にいた・・・」

 

なんてことになれば、せっかくの運動会が最悪の思い出になってしまうので注意が必要です。

 

親が応援してくれているのに、熱中症で倒れて救急車で病院にいくとなれば、子供も運動会に集中できなくなってしまうのでかわいそうですよね。

そういったところまでしっかりと考えて運動会へ参加しましょう!

 

子供の熱中症対策も忘れずに!

親の熱中症もそうですが、子供の熱中症対策もしっかりと行いましょう。

ポイントとしては次の3つが大切になります。

 
  • 水分補給を忘れないこと
  • お昼の食事でしっかりと栄養を吸収すること
  • 競技をしないときには直射日光をさけること
 

これだけを気をつけるだけで対策になります。

 

最初の水分補給はなによりも重要な熱中症対策になってきます!

運動会当日には、お子さんに大きな水筒でお茶やスポーツドリンクを持たせてあげてください。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ