かっこいいネクタイの結び方と種類を動画で一発チェック!!

ネクタイの結び方は種類がたくさんありますが、あなたはどのくらい知っていますか?

 

基本的には2~3種類覚えておけば問題はないかとおもいますが、ネクタイの結び方は「かっこよさ」「おしゃれ」を演出することができます。

 

基本的なネクタイの結び方から、難易度の高いおしゃれな結び方まで、色々と種類があります。

特に今回は「覚えておけば一生使っていけるネクタイの結び方」をまとめました!動画で簡単にチェックしちゃいましょう(^_^)!

スポンサーリンク


基本的なネクタイの結びかたを覚えておこう

プレーン・ノット



 

ネクタイの結び方といえばこれ!

 

というほど有名な結びかたです。

簡単に結ぶことができますし、手軽なのでおすすめです。

 

セミウィンザーノット



 

セミウインザーノットはビジネスシーンにおすすめの結び方です。

 

結び目が美しい三角形になりますので、見た目もシンプルで爽やかな印象になります。

プレーンノットとおなじく、簡単な結び方ですので動画を参考にして練習してください。

 

ウィンザーノット



 

先ほどのセミウィンザーノットと手順は同じですが、セミウインザーノットよりも、ボリュームがありますのでより綺麗な三角形をつくることができます。

 

ビジネスシーンで使えますが、高校生などの学生服で使用してもカッコイイと思います。

 

おしゃれなネクタイの結び方を覚えよう

次に、基本的な結び方よりも少し難しいおしゃれな結び方を紹介します。

華やかなパーティーや結婚式などでも使用できるので覚えておいて損はないですよ!

 

ノンノット



 

ノンノットの特徴は結び目です。あまり見ない形です。

パーティーや合コンなどでも使用できるので、かしこまったビジネスシーン以外でおすすめします。

結び方は動画を参考にして練習してください!

 

ダブルクロスノット



 

セミウィンザーノットと非常に似ている結び方です。

綺麗な二等辺三角形になるので、見た目も綺麗です。

 

スーツの見た目もビシっと決まるので、ビジネスシーンに活用できます。

 

短めのタイで使用すると、形が崩れてしまうこともありますので、長めのタイでダブルクロスノット結びをしてください!

 

エルドリッジノット



 

名前を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。

 

エルドリッジノットは、結び方が「なんだこれは!?」というくらい複雑で難しいです(^_^;)

きっと、1回で覚えられる人のほうが少ないと思います(汗)

 

ですが、一度覚えてしまえばカッコイイ結び目をつくることができますので、おすすめです。

タイは柄物ではなくて、プレーンタイプを使用して結びとより結び目が強調されてかっこ良くなります。

 

トリニティーノット



 

トリニティーとは「三位一体」という意味です。

見た目をみると、あまりにも珍しい形ですのでびっくりするかもしれません。

結び目にボリュームがでて、かっこいいです。

 

先ほどのエルドリッジノットとは反対に、柄物のタイを使用することで、折り目と結び目が綺麗に目立ちます。

 

ボリューム感のある結び目が好きな方へおすすめです。

ビジネスシーンなどでも使用することができますので万能な結び方です。

 

最後に

これらの結び方を2つでも、3つでもしっかりと覚えておけば、ネクタイの結び方で失敗することはありません!

 

最初は、結びまでに時間も労力もかかってしまいますが、鏡のまえでしっかりと練習することで、確実にマスターできますので頑張ってくださいね(^^)!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ