引っ越しの準備!冷蔵庫の大きさで準備期間が変わる?

お引っ越しは、準備をいかに効率よくやるかが大切!

 

新居での生活も同時に始めるわけですから、ただ出て行けばいいってものでもありませんよね(汗)

衣類や食器などの梱包もそうですが、テレビや洗濯機、そして冷蔵庫などの大物家電の事前準備も面倒なもの!

 

特に、中身をからにしないと行けない冷蔵庫は特に大変です。

今回は、冷蔵庫の中身をキレイにするポイントをまとめました!

 

スポンサーリンク


冷蔵庫の中身の処理は冷凍食品祭りにならないように!

冷蔵庫の中身の処分の目安は、引越し日の2日前までにが基本!

冷蔵庫が大きければ、たくさん食品を入れておける分、中身も多くなります。冷蔵庫が大きいほど、中身を減らしていく準備は早くするべきですね(^^)!

 

なぜかといえば、引っ越しで運搬する際に冷蔵庫内の水分や氷(霜)を取り除いておかないといけないから!

そうしないと、冷蔵庫から出てきた水で、他の荷物をダメにしてしまう可能性があるからです(^_^;)

 

引越し業者さんに依頼する際も、「前日には冷蔵庫の電源を抜いておいて下さい」というのが基本です。

冷蔵庫

冷蔵庫の中身で、処分が進みにくいものは、冷凍食品など。

もちろん、チンして食べる冷凍食品だけでなく、お肉などを長持ちさせるために冷凍したものも含みます。あとは、コロッケやエビフライなどの揚げ物類もありますよね?

 

こういったものを優先的に、意識的に処分していかないと、最後の一週間は「冷凍食品祭り」になってしまいます。

冷蔵室内の食品は、通常でも賞味期限などを意識しているものが多いので、本気を出せば使い切るのもそんなに難しくありません(^^)

ですから、冷凍食品を意識的にメニューに混ぜて使っていくことがオススメ。

 

引っ越しの1週間前までに、冷凍食品を全部使い切るくらいの気持ちで行うと、最後の一週間がとても楽です。

 

引越し業者さんの中には、「冷蔵庫の中身は運搬しません」と明言している業者さんもありますので頑張りましょう。

確かに、クール宅急便などを使うてもありますが、梱包も大変ですし、何よりお金がかかっちゃいますので余計な出費を抑えるためにも、計画的な中身の処分は大切です。

ペンギン

からにすれば良いだけではない!忘れてしまいがちな冷蔵庫内の掃除!

冷蔵庫は、中身を食べ切ったり処分仕切ればOKというものではありません。

 

引越し後のアンケートで、「後悔している点・失敗したと思う点は?」という質問に対して、以外と多い答えは・・・

 

冷蔵庫内の掃除が十分でなかった・・・

 

というものなんです(汗)

 

冷蔵庫の室内は、引っ越しでなければ、常に何かしらの食品が入っている状態ですから、しっかりと掃除をすることは少ないかもしれません。

 

引っ越しの際も、冷蔵庫の中身が無くなってあらためて、庫内を見ても意外とキレイで油断してしまうんです。

 

冷蔵庫には、目に見えない細菌がたくさんいます(汗)

いつもは、冷蔵庫が庫内を冷やしているので気になりませんが、電源を切ると、時間とともに細菌が増殖して臭いがきつくなってきます。

 

新居で冷蔵庫を開けたら「クサッ!」ということになってしまう人が多いんです!

くさい

冷蔵庫の中の掃除をしっかりとするためにも、一日でも早く中身の処理は完了させておきたいところ!

 

冷蔵庫内の掃除のポイントは以下の通りです。

 
  • 細かいパーツも分解して中性洗剤で洗う。
  • 庫内も同様にしっかりと洗う。
  • 最後にアルコールの消毒スプレーや、薄めたハイターなどを染み込ませた布で良くふき、殺菌する。
 

これらの点に注意して、冷蔵庫の中の掃除までできれば引っ越しの準備としては完璧です!

 

最後に

以上が、冷蔵庫の中身を引越し前にキレイにするポイントでした!

 

常日頃から、冷蔵庫の中身を回転させることを意識しているご家庭であれば、意外とすんなり出来ます。

もし、転勤などで急な引っ越しの可能性のある職業の方がいる家庭の場合は、引っ越しになっても慌てないように、食品を貯めこまないことを習慣にしておいて損はありません。

ということで、冷蔵庫内の掃除も忘れずに行って、新居での生活をスマートに始めましょう!!

 

 


あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ