卒業式の袴に合うリボンは手作りできる?リボンに合う髪型は?

卒業式に来ていく袴はもう決められましたか??

卒業式ではじめて袴を着るという方は多いかとおもいます。

 

袴をより可愛く着こなすために、「りぼん(髪飾り)」を自分で作るという方法があります。

 

袴

 

袴はレンタルでも大丈夫ですが、髪飾りは自分で好みのりボンを作ったほうが、思い出に残ります!

レンタルショップでは、好みのリボン(髪飾り)が無い場合もあります。

今回は、袴にあうリボンの作り方などについてまとめてみました(^^)!

スポンサーリンク


袴にあうリボンを作るために必要なもの

まずは、リボンを作るために布が必要になります。

布は市販でも何でもかまいません。和柄でもちりめん柄でも似合います。

 

【簡単!リボンの作り方参考動画!】



作り方は洋風のバレッタなどと同じで簡単で!

どのくらいの大きさのリボンを作りたいのかにもよりますが、好きな柄の布を20cm程度用意しておけば大丈夫でしょう(^^)

 

布に対して、ワンポイントなにか印象付けたいのであれば、それに相応しい装飾品を購入して付けてみるとまた雰因気も変わっていいかと思います。

基本は、袴の色と髪飾りの色を合わせておけば、当日になって実際に着用して、「リボンと袴の色合いがまったく合っていない!」などということにはならないとおもいます!

一人だけで決めてしまうと、失敗することもあるので、ご家族の女性や、ご友人などにアドバイスを貰うと失敗する確率も下げられるはずです。

 

【リボンの使い方やアレンジの仕方の参考動画!】



 

袴とリボンに合う髪型ってどんな感じ?

袴とリボンを用意したあとは、しっかりと髪型を髪の毛の長さを伸ばさなくてはいけません。

まず最初に重要になるのが、髪の毛の長さについてです。

袴を着るのであれば、ショートヘアは似合わないです。短すぎるとリボンなどの髪飾りも着つけることが難しくなるので、髪の毛はミディアム~ロングと呼ばれる髪の長さまで伸ばしましょう。

1ヶ月、2ヶ月だけでは髪の毛は思っている以上に伸びないので、最低でも3ヶ月~4ヶ月は時間に余裕をもって髪の毛を伸ばしていきましょう!

 

髪型に関しては、よほど変わっている髪型でない限り、髪飾りのりボンが付けられない、袴に似合わない、ということはありません(^^)

 

美容室へ行って、「袴を着るために髪型をカットしてほしい」と頼めば、袴に似合う髪型や長さに調節してカットしてくれますので、万が一切りすぎたなどという失敗はなくなります。

 

まだ、袴をレンタル予約していない!というあなたへ。

まだ、袴をどこでレンタルしていいかわかっていなかったり、忙しくて中なかレンタルしにいけていない場合は、ネットから袴をレンタルすることをおすすめします。

ネットで袴をレンタルするメリットは3つあります。

  • 実店舗まで足を運ばなくても大丈夫!(ネット画面だけで完結)
  • 実店舗よりも袴や小物の種類が充実している!
  • ネット予約は、自宅や美容室へ袴を届けてくれる(取りに行く手間が省ける)
 

アルバイトや勉強で忙しい人にとっても、非常におすすめです。

ネットですと、実店舗よりも安くレンタルできるので、まだ、今年の袴を決めていないという方は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
着物レンタル

袴を着るチャンスはこれが最後かも?

袴を着る機会はそうそう訪れません!

場合によっては、「今回が最初で最後?」なんてこともありえちゃいます(汗)

そこで、大切になってくるのが思い出に残しておくことです。

写真や動画などで、しっかりと袴姿の自分や友人、もしくは家族と一緒に記念撮影などもいいですね!

卒業式

10年後、20年後、自分の子供が生まれたときなんかに、見返してみるとまた感慨深いものがあるのではないでしょうか。

 

最後に

最後にもう1つ重要なことがあります。それは

 

親やまわりの友人に感謝すること

 

です。これは忘れてはいけませんよね。

今日まで、順調に生活を送ってくることが出来たのは紛れも無く、あなただけではなく、家族や周囲の人物のおかげです。

そういった大切な人たちと楽しくい1日を思う存分過ごしてください。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ