酒を飲むと人は痩せる?それとも太る?お酒を楽しむコツは?

お酒を飲むと、太る?それとも痩せる?

 

あなたはどちらだと思いますか?

できれば、「痩せると言って欲しい・・・」なんて言って欲しいと思う人も多いのではないでしょうか??

 

お酒を飲む人によっては、ぶくぶくに太っていたり、逆にほっそりしていたりと、人それぞれ違いますよね(^_^;)

でも、お酒は体に害を及ぼすこともありますので、しっかりと正しい知識を持っておくことが大切です!

スポンサーリンク


お酒を飲むと、痩せる?それとも太ってしまう?

お酒を飲むと、太りやすくなるのか、痩せやすくなるのかと言われれば・・・

 

間違いなく、太りやすくなるといえます。

 

なぜなら、お酒に含まれるアルコールは代謝を抑制させる働きがあり、脂肪燃焼しにくい体にしてしまうからです。

つまり、お酒で太るのではなくてアルコールによって太りやすい状態になってしまうということです。

 

これは誰にでも当てはまります。
どれだけ、細い人でもお酒を飲み始めると太りやすくなったとう経験がある人も多いかと思います。

 

アルコールはとっても高カロリーです。飲めば飲むほど、カロリーを摂取していることになるので体への負担も大きくなります。

とくに、ビールは太りやすいお酒と言われています。

 

ビール

 

糖質やタンパク質が豊富にふくまれているため、太りやすいそうです。

さらに、ビールの苦味や炭酸成分は食欲増進の役割を持つので、飲みながら食事を多く食べてしまうことが原因で、太りやすいといわれています。普段からビールを好んで飲む人はとくに注意が必要です。

 

お酒を飲んで痩せることは少ない

お酒を飲むと、痩せてしまう人はまれです。

痩せるのではなくて、変わらないという表現が最適だといえます。

 

お酒の強さに個人差があるように、体の強さも個人差があります。

もともと太りやすい体質の人間とそうではない人間では、同じ食生活を行っても、違いがでてしまいます。

体質的な問題ですので仕方がないのですが。肥満気味の場合は、お酒(アルコール)を控える努力をするべきです。

 

メタボ

 

お酒で体重を増やさないためのコツ

とにかく、自分でルールを決めて行動することが大切です。

1日に飲む量を決めておかないと、どれだけでも飲んでしまいます。

 

自分の欲望には甘いのが人間です。

 

悩む

 

どれだけ意気込んでいても無理なことは無理なのです。

最初から、飲むだけの量を買っておいてなくなったら終わりにするなど、工夫をするといいでしょう。

 

おつまみを食べ過ぎないことも重要です。

アルコールは高カロリーなので、おつまみと同時に食べていると、摂取カロリーはとても多くなり、肥満の原因になります。

それでは、太る一方ですので注意が必要です。

限度を決めて、絶対にルールを守ることが大切です。

 

一滴もお酒を飲んではいけないとは、言いません。ただ、長くお酒を楽しみたいのであれば、ルールを守って、楽しくお酒を飲める工夫をしてみてはいかがでしょう(^^)/

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ