脇汗を放置すると匂いが酸っぱい原因!冬でも対策すべき理由とは?

夏や冬、時期に一切関わらず、私達人間は脇汗をかきます。

 

脇汗って気が付くと大量に出てしまうときがありますよね(^_^;)

人によっては、何もしなくてもシャツが濡れてしまうこともあるかと思います。

 

脇

 

脇に汗をかきやすい体質の方は、1年を通して気苦労が絶えないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

その理由は、やはり脇汗は放置しておくと臭いが発生するから。ツーンと来るアレですね(汗)

脇汗は他人を不快にしてしまう臭いを発生させるので気をつける必要があります。

今回は、脇汗が臭ってしまう原因と対策についてお伝えして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク


脇汗ってなぜ、酸っぱくて臭い臭いになるのか

実は、脇汗って最初は臭くないんです。

 

脇汗に限らず、すべての汗に不快な臭いはありません。

 

ほとんどの場合は、皮脂と交わることによって悪臭が出てしまうのです。

汗は無味無臭ですが、皮脂とあわさると細菌が繁殖してしまい酸っぱくてキツイ匂いになります。

 

ラプカルム
 

脇汗をかきはじめてすぐはまだ、臭いが発生していないので、すぐに汗ふきシートなどで綺麗に拭き取ることで、臭いの発生を軽減させることができます。

ですが、放置しておくと必ずといっていいほど臭くなってしまうので脇汗をかきやすい人は気をつけるべきです。

 

汗と皮脂が交わってしまうその前に、綺麗に拭き取ってしまうことが一番なんです。

 

脇汗を防ぐには、制汗スプレーがおすすめ!

制汗スプレーを1日に数回脇の部分につけておくだけで、ベタベタしなかったり、銀イオンなどが配合されている商品などが多く、本来なら発生する臭いを軽減してくれる役目があります。

 

汗をかいてから制汗スプレーを使用するのではなく、理想としては、風呂あがりや運動前に事前に使用することです。

 

スプレー

 

どうしても汗をかいてからでは、スプレーをしても効果が見込めないので、そういったときには、汗ふきシートがおすすめです。

汗をかいたところにスプレーをしてしまうと、最悪の場合、汗の匂いとスプレーの匂いとが混ざって、より臭くなってしまうこともよくある話です(汗)

 

汗を書いた場合は、汗ふきシートでまず汗や皮脂を綺麗に拭きとってから、その後に、制汗スプレーで対策をしましょう!
 

脇汗を防ぐために通気性の良い服装を選ぶ

冬になるとどうしても厚着になりますが、脇汗対策としてはなるべく着こまないことをおすすめします。

体温が高くなれば汗をかく量も増えますし、湿度も高くなるため雑菌の繁殖も早いです。

 

実は夏よりも冬の寒い時期のほうが、脇汗は酸っぱく臭くなりやすいです。

湿度や気温が高いところで、脇汗をかくとすぐに臭いますので気をつけましょう。

 

コート

 

体調にあわせて、なるべく通気性の良い服装で生活すること、また、抗菌作用のある下着を身につけたりすることで、汗をかきにくくなりますし、更に雑菌の繁殖を防ぐことに繋がります。

 

最後に、脇汗をかきやすい人は「ストレスがたまりすぎている」ということも原因として考えられるそうです。

最近なぜだか、汗をかきやすく体臭もひどくなっていると感じている人は、日々のストレスを軽減するために工夫することも大切です。


あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ